ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2chGP 5th 第6戦 Silverstone

2007.02.26
インフルエンザに見舞われた主催者Nullupoさんが欠席する中、シーズン折り返し地点となる第6戦シルバーストンが開催。前戦では予選5番手という好位置からスタートしたにもかかわらず、スタート後2コーナーでミスし最下位転落という、実に嘆かわしいレースでした。その前のスパも1Lap目で最下位まで落ち、追い上げるというレース。開幕戦Kyalami以来転落し続けるランキング。ここらで一矢報いたいところです。

予選は順調に行き、26秒台に入りました。26秒台は練習でも出るときと出ない時があるくらいだったので、本番で出せたのには大満足。しかしそれでも6位スタート。さすがつわものが揃ってるだけあります。

しっかりと燃料搭載量を確認し、早めにグリッドに着く。何事にも慎重な私は、1回ちゃんと積んでるのを確認しても、ついもう2回くらい確認してしまうw。

グリーンフラッグが振られ、レーススタート。

紅一点


今日はフェラーリは私だけ。まさに紅一点。

1コーナーは何事も起こらず。しかし事件はその後のストレートで起こった。

2位DFGさんに並ぶはHonのneGcoさん。後ろには虎視眈々とRecoさんのCovが。

DFGさんに襲い掛かるneGcoさん


しかし諦めて一旦引き、2コーナー進入のためラインに戻るneGcoさん。その動きに驚いたのか、コースをはみ出すRecoさん。

ここから連鎖反応が始まる事に


そしてコースに戻ったRecoさんが、今度はCFさんのBRMをインに押し出す形に。

接触を避けようとするCFさん


イン側の縁石に大きく乗り上げて姿勢を乱すCFさん。すぐ後ろにはCovのBarchettaさんが。逃げて~!

2周目に同じような形で事故る事になるとは知る由もない私


しかし車は急には止まれない。敢え無く接触するCFさんとBarさん。無事通過する私。

悲運のBarchettaさん


その後Recoさんの後ろに着けた私は、アビーコーナーでコースアウトしたRecoさんをパス。4位浮上。

Recoさんをパス。この時がピークだった…。


Spa、Rouenの悲惨な1周目に比べ、なんて順調なんだろう。もしかして今日こそはいけるのか!

と思いつつ入った2周目に落とし穴が用意されていたのだった。

2位DFGさんと3位neGcoさんが並んで1コーナーに進入。アウトに膨らんだDFGさん。


微妙に譲り合いの空気を出してしまった


今見たらここで接触を恐れ、アクセルを緩めてしまったのが運の尽きだったかもしれない。DFGさんの真後ろについて2コーナー進入。立ち上がりでスリップ気味のDFGさん。かなり接近。その後ラインがクリアに。これなら接触はしないはず…。

この距離だったら接触は無いと考えてたが甘かった


が。

ブレーキはいつもより手前で踏んだのですが…


ありゃ。

ここの縁石は引っ掛けてしまったが最後


「ザーボンさん!ドドリアさん!こんな美しい花火ですよ!」

スピンするしかありません


あぼーん。

ここでズルズルとブレーキを踏まずに動いてしまったのがまずかった。


第1犠牲者のZZZさん。

こういう場合じっとしていなくてはいけないが、コース外に出ようと焦ってしまった


第2犠牲者のmujinaさん。そして、

皆さんごめんなさい


修羅場と化すベケッツ。

Barchettaさんの道を塞いでしまった。反省。


最後の犠牲者Barchettaさん。

被害をこうむった皆さんどうぞお許しを。利益を得た皆さんおめでとうございますw。

このアクシデントで足がやられてしまった私は、ハンガーストレートエンドでスピン。

誰にも当たらなくて良かった。


Shift+Rで復帰し、見事最下位転落。ショボーン。

「Ah、レースってうまくいかないものね。思えば私の人生のようだわ。最初の方で転落し、頑張って追い上げる。それが私の宿命なのね。」

と独り呟き、走り出したのでした。

失意の2周目を終え、3周目突入。そこにはホームストレートエンドで静かに佇むボフったCovの姿が。間違いなくこのレース最大の悲劇のヒーローであるBarchettaさんです。そしてピットアウトするokadaさんの姿も。

ちょっとかっこいい


前方には珍しくHonを駆るHirameさんの姿が。ハンガーストレートでオーバーテイク。3周目を終え17位。

ここで手上げしとけば良かった


4周目。Delicoさんを追いかける。ハンガーストレートでコースアウトしているmujinaさんをパスし16位。

mujinaさんさっきはスマソ


Delicoさんの後ろに接近し、手上げ。

ここでふと思った。「そうだ、今日はせめて手上げチャンピオンだけでも取ろう。」

マイコントローラはXBOX360パッド。手上げボタンは右スティックのボタンに設定してある。同時に右スティックには上方向にクラッチが設定してある。よって手上げしようとスティックを押すと、時々手が滑ってスティックを傾けてしまい、クラッチが切れていきなりエンジンが吹け上がったりする。また、右手親指は常にギアチェンジのために他のボタンに据えてある。よって、私にとって手上げとはかなりリスキーな行為である。それでも、レース中大胆に前を譲ってくれるバックマーカーには敬意を表して手上げする事にしている。といっても、バトル中など特に操作に集中している時は無理である。ちなみにそんな危なっかしいところに設定しているのは、そこしか空きが無かったためである。

という事で、普段はめったに手上げできないから、今日こんなところで走ってる時くらいたくさん上げてみよう、と思い立ったのであった。よって、決してイライラしてるから上げまくったわけではない事をご理解くださいw。

で、早速Delicoさんの後ろで手上げしてみたところ。

もうちょっと高く手が上がらないものか…


5周目。ハンガーストレートエンドでDelicoさんをパス。コースアウトしてたZZZさんも同時にパス。これで14位。

ダブルオーバーテイク


6周目。前方にはバトル中のgoudaiさんとthiさん。その前にはTREADさん。

シルバーはバトルがいっぱい


その後最終コーナーでthiさんとTREADさんが絡みコースアウト。12位浮上。

結構激しい接触でした


7周目。この周からgoudaiさんとZand以来のバトル開始。テールトゥノーズ、サイドバイサイドの接近戦が続く。ここで手上げ回数をかなり稼ぐ。前述のボタン配置のせいでシフトミスしまくりながらも必死で上げまくるw。

2周にわたる好バトルを展開


8周目。バトル継続。しかし気付いたらokadaさんがすぐ後ろまで迫ってきていた。

Honに慣れてきたのか、6戦目にして速さが増すokadaさん


ベケッツでコースアウトしていたSinさんをパス。

NB同期のSinさん


そしてクラブコーナーで、思い切ってgoudaiさんのインに入りブレーキング競争。goudaiさんをパス。10位浮上。

ブレーキング競争


9周目。前のROT君とは約7秒差。残り周回数はあと4周。交わせるかどうか微妙だが、とにかく27秒台でプッシュしまくる。

11周目。ついにROT君が射程距離に入る。そしてベケッツでミスしたROT君を見て、ここしかないと思い切ってチャペルでアウトからのオーバーテイクを試み、成功。9位浮上。

ROT君をズバっとパス


ファイナルラップ。前のCFさんとは約14秒差あり、追い上げもここまで。9位でチェッカーを受ける。

おっさん足!足!


とりあえずシングルフィニッシュは出来たものの、レースはなかなか思い通りにはいかないというのを痛感。

まあ、最下位から追い上げて何位までいけるかというレースも悪くはないけど。

次戦はNur。長いコースだけあって、実力によって大きなタイム差が出るコース。という事で、あまりバトルは無いかも。お祭り気分で参加したいと思います。

参加した皆さん乙&Thxでした。

MRさんに見事に炸裂した昇竜拳

スポンサーサイト

CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://uchidenokoduchi.blog3.fc2.com/tb.php/80-6d40ff9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。