ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NBザンド ロングランテスト

2006.11.16
3日後に迫ったNBザンドに備え、レースディスタンスのテスト走行を実施。その結果、燃費的にはきっちり27周分という事で問題なし。実際の走行ですが、私なりのこのコースの攻略法が読めて来ました。その攻略法とは、ズバリ

「マターリ走ろう、ザンドフールト」

これです。分かりました。このコース、攻めていいのは予選だけ。レースでプッシュは禁物です。理由は簡単、タイヤきついから。タイヤがきつくなると、普段のライン取りで周回出来なくなり、大幅なタイムダウンだけならまだしも、容易にスピンしてしまいます。プッシュはせず、ひたすら綺麗にラインをトレースし、同じペースで淡々と周回し続ける事。バトルなんぞもってのほか。0.5秒ラップタイム上げて10度タイヤ温度上がってしまえば、終わりです。タイヤ温度が130度を超えたらクールダウンラップを入れます。

走ってみた感じでは、最初の5Lapくらいで盛り盛りタイヤ温度上昇します。その辺で130度くらい行って、挙動がやばくなってきます。そこでマターリ走行を開始。そうすると15周目くらいから、徐々にタイヤ温度落ち着いてきて、タイムも少しづつ良くなります。クールダウンラップでも26秒台くらいで回ってくるわけですから、ベストより1秒強遅い程度です。これが一度スピンでもしようものなら、10秒以上のタイムロス+タイヤ温度の急激な上昇というダブルパンチ。大ダメージです。スピンは絶対出来ません。スピン=レース終了。それくらいの気持ちで、余裕を持って周回すれば、15周目からは25秒台前半~中盤で普通に周回出来ますし、プッシュしてる感じが無くても良いタイムが自然に出るようになります。

15周目まではひたすら我慢。アクセルを踏む勇気ではなく、抜く勇気を持って走行する事が、良い結果をもたらしてくれるのです。ロングランの結果、27周をノーミスで走りきる事が出来たので、かなり自信が着いてきました。マターリ走ろう、ザンドフールト。
スポンサーサイト

CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://uchidenokoduchi.blog3.fc2.com/tb.php/26-9584cd6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。