ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年末グランプリ in WatkinsGlenDirtRoad1948

2008.12.31
 2006年から参加させていただいている年末GP、今年も参加できたので久々のレースレポ。

 主催者のokadaさんによって選定されたコースはGlenDirt。12月入ったあたりで初走行した時の印象は「なにこれおもすれ~」だったw。まだまだGPLには未走行のおもしろいコースが山のようにあるんだなーと。

 ぼちぼちオフで練習して、1周走れるようになったあたりで、タイム的には28秒くらいだったかな。その辺でアタックはやめて、燃料積んで走る練習に。一昨年去年と、予選結果が良くても決勝結果的にはまるで意味が無かったという経験をしてるんでw。


 車種はHonに。今年の締めという意味ではRepかな、と思ったんだけど以前ブログでRep卒業と書いたような気がしたし、来年はHonで行こうと思ってるので前哨戦というか、ここは過去を振り返るより来年を見つめるという意味でもHonに決定。というもっともらしい理由をつけたけど、実際は単にHonでもそこそこ走れたからRepに乗り換えるのが面倒になっただけな罠w。

 マルチでの練習は第2回走行会のみ。やっぱスタートとかダート部分とか、他車と走ってみて多少なりとも感覚を掴んでおきたいのと、ロングランでの燃費確認という目的で参加。15Lap完走できたけど、燃費確認するの忘れてたw。おかげで本番では満タンマンで走るしかなくなったのであった。


 本番は22台参戦。微妙に少な目?4ヶ月以上マルチ休んでたけど、CFさんやtamuさんがいない。それとSEANAさんが初顔合わせ。復帰組みなのかな?かなりの腕前。他はおなじみのメンバー。

 2鯖に分かれての開催で自分は奇数鯖。Barさんやokadaさんあたりが20秒切り。予選は最初から捨ててるというか意味無いと分かってるので、終了5分前に入って2周回れば十分だろう。と思ったらアウトラップでクラッシュw。ガレージに戻って再度アウトラップでタイムアップ。27秒台でNullpoさんの後ろ6番手。アタックしてもしてなくてもそんな順位変わらなかったかもw。


 決勝スタート。走行会でスタート経験してるから大丈夫・・・なはずだったんだけど、後ろのFerの動きに気をとられて、危うく前のHirameさんに追突しかけるというw。必死さ溢れるステア捌きで難を逃れ、Hirameさんの後ろ5番手で1コーナーを抜ける。

 その後はHirameさん駆るEagを前に捉えながら周回を重ねる。最終コーナーでは見た目的にも結構詰まるんだけど、それ以外は微妙に離される・・・。耐久レースだし全く追いかける必要は無いんだけど、前に目標があるとノリノリになってしまう習性があるみたいで、25-27秒くらいで追走。

 2周目には早くもコースサイドに止まるマシンの姿が。どうやら主催者okadaさんがボフったらしい。クソ、これでボフってもソースは無しじゃないか。もうボフれないぜ。と思ったかどうかは忘れたけどとりあえず4位に。


 5周目までは順調にHirameさんを追走できていたものの、6周目からブレーキング時のリアの挙動がおかしくなり、7周目の森の入り口のジャンプでスピン。一回転してどこにも当たらずに復帰できたものの、以後自重モード突入w。足とかじゃなくてタイヤ温度が上がったのだろうか?プリブルはラスタライザの制約で使えなかったので定かではないが・・・

 その後8-10周目はマイペースで一人旅。ブレーキは慎重にしつつも順調に周回。このままチェッカーまで独りかと思ってたら、11周目の橋の手前でHirameさんと再遭遇。ミスでもしたのだろうか。数周ぶりに追走体勢に。しかしブレーキが怖いので押さえ気味に。ただ、Hirameさんもペース上がらないっぽい。


 そんな感じで12周目も走っていると、橋を過ぎた当たりでHirameさんの前に車影が。ダート部の煙幕で車種がよく分からなかったけど、だいぶ離れていたから特に気にしていなかった。

 ところが、線路を過ぎた左高速コーナーのブレーキングでそのマシンが一気に減速、急接近。あまりに予想外だったので、ついフルブレーキングしてしまいスピン。高速だったので止まらずHirameさんに激突。その時はリアからぶつかったので、壁にぶつかったと思ってたけど、レース後リプ見てもろにHirameさんに突っ込んだのを確認・・・orz

 不運としか言いようがないアクシデントだったが、自分もHirameさんもタイヤが無事だったのが幸いか。Hirameさんはフロントが、自分はリアの足とエンジンにダメージを負ったものの、エンジンさえ持ってくれれば完走できなくもないはず・・・

 とりあえずコーナーはさらに慎重に。エンジンは最高速がマイナス10km/hくらいなので、それ程ダメージは大きくない。Hirameさんはフロントがやられてるだけにハンドリングきついのか、14周目に再び追いついた


 そしてその14周目、今度は別の周回遅れのマシンが前方に。普通ならすぐ抜かせるはずが、手負いのHirameさんが抜きあぐねている感じ。ダート部分の直線で2台に接近するも、2台分の煙幕が凄くてアクセルを抜かざるを得なかった。その状態で線路のジャンプに入ってしまい、着地でリアが思いっきり振られてしまい、コースサイドにクラッシュ。復帰しようとアクセルを入れたらボフorz -THE END-

 結局14周リタイヤ。一昨年から続くリタイヤ記録を3に伸ばした形。敗因は・・・やっぱプリブルが欲しかったかなぁ。自分の前にいるのが同一周回なのか周回遅れなのかが分かれば対処できたかも。結果論だけど。

まあ上手く周回遅れになるというのは結構難しくて、コースとかラインどりとか把握してないとどこで抜かせればいいかというのは分からない。セオリーとしては高速コーナー抜けた後のストレートで加速を緩めて譲るのが定石で、高速コーナーのブレーキングで急減速はあり得ないわけだけど、後ろからマシンが迫る中で早く抜かせたいという気持ちも分からないでもないし・・・まあレーシングアクシデントですな。


 コースとしては面白かったし、ダートは難しいけどコントロールしてるのが分かりやすくて楽しい。コーナーでいきなりミューが変わるのもトリッキーで良かった。毎年思うけどGPLは面白いコースが多いなーと。現代サーキットでは味わえない楽しさがあって、それは発売10年経ってもレースシムの中で随一と呼べるものではないかと。

 そしてレース後の結果発表。完走台数も多かったみたいで、後ろから数えた方が早い自分としては、賞品とか関係ないと思ってたけど・・・

 なんとDFGさん提供の図書カードが15位の賞品だったようで、見事にゲットw。15位って聞いた時に多分Hirameさんか自分だなとは思ったけど、突っ込んだ方の自分が賞品をいただくことになって若干複雑。しかし貰えるなら貰ってしまおうホトトギス。ということで、使い道考え中。何かタメになる本を買うつもり。決していかがわしい本に使ったりは・・・多分w。提供者のDFGさん&親父さんありがとう!


 以上、拙い年末GPレポでした。本年も公式戦その他いろいろとお世話になりました。来年も参加できるといいな。その時はよろしくお願いします。主催者のokadaさん、LEVINCARSさん、鯖提供のRecoBreさん、賞品提供された方々、参加者の皆さん、そしてGPLIPを提供していただいたNaguchiさん、ありがとうございました。11年目もよろしくー。
スポンサーサイト

CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://uchidenokoduchi.blog3.fc2.com/tb.php/192-f38849ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。