ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPLPs Brands Hatch

2008.06.23
直前まで出ようか見送ろうか迷ったくらい微妙だったブランズだったが、1レース目8位、2レース目5位と、連続入賞してしまった。まさかマッサ(言ってみただけ)。

1週間くらい前に2回くらいオフで走ったのかな。それで35秒だか4秒だかがベストだったんだけど、ブランズは一回GPLランクの何とかランク(チャレンジだったかな)でLotで走ったことがあって、それが37秒台だったから結構なタイムアップ。しかし岡田さん謹製のデータベースで32秒台とかバンバン出てるの見て早くも戦意喪失w。

セットどうしようかと思って、馬鹿の一つ覚えのようにモナコセット持ってきてはみたものの、アンダーオーバー激しすぎてどうにもならん。かと言ってセット弄って走りこみたいと思うほど好きなコースでもなく。むしろ第一印象からこのコースは嫌いだったので。

それで結局それからは練習せず本番当日を向かえてしまう。マルチ練習してないしまともに周回できない感じだし、何よりクソ眠い。9時くらいから魂が抜けそうになってたけど、何とか10時過ぎまで持ちこたえ、せっかく起きてたしGPLIPにログイン。

練習せずともデータベースでタイムだけは確認していた自分。ちょwww31秒台www、とか思ったり思わなかったりしつつ、自分と同じくらいかなー、という人達を確認。35秒近辺も結構いるから、レースは出来そうだ。しかし単独走行しかしてないからレースがどうなるか不安だ。

モナコ以来の1鯖開催。予選はPBの33秒台に入れられて7位。上出来すぎる。しかし33秒後半は僅差で5台くらい続くから、レースは熱くなるのだろうか。予選走ってる中で奥でRが深くなる中盤の左中速コーナーの走り方がようやくつかめてきた気がする。

決勝スタート。3台横並びの真ん中で怖い。なんかスタート1コーナーが危険とかいう評判をブログで見たので、大変緩やかにスタート。いろいろと抜かれていったものの、無事1コーナーをやりすごす。

てかなんだこのカクカクは。確かちゃんと省エネモード解除したはずだけど。このPCではLiteバージョンじゃないと厳しかったか。と思ったけど、後から確認したら、core.iniのDisableZBufferスイッチが入ってた。そりゃ重いはずだw。rouen戦のSS撮った後戻すの忘れてたんだろうな。というかせっかくSS撮ったのにレポ書いてないね・・・

で、まあ思ったよりは走れるじゃん、と。タイムはどうってことなくてもレースではミスなく走れればいけるもんだねー。1周目終わって8位。思いがけずポイント圏内走行で胸おどる。途中までAkatyさんの後ろだったけど、そのAkatyさんがミスって7位に。かなりテンションアップ。しかしそれが災いしたか、その後連続スピンで12位までダウン。謙虚な気持ちを忘れてはならない。

その後はオーバーテイク1台とミスしたマシンを2台、回線落ち1台ということで、また8位に返り咲きチェッカー。予想外だと1ポイントでも嬉しいのぅ。

2レース目はもっと嬉しいことに。5分の予選は9位。今度は横2台で気楽。1回目意外と何も起こらなかったので、今回は普通にスタート。前車はShutaroさん。予選で32秒台。1レース目からの急激なタイム上昇は恐るべきものがある。そのShutaroさんがミスしたので前に出ることに。あー前に出ちゃった。1秒以上速いんだよなー。いつもならサクっと譲っちゃいそうな感じだけど、今日は何となく粘ってみる事に。結果に期待してない分守りに入る必要もないということで。

そんな中、Barさん、DFGさんといった強豪が立て続けにエンジンブローで脱落。5位。ありえねー、とか思いつつニヤニヤが止まらない。しかし後ろのShuさんはやはり速い。例の回り込むコーナーだけは自分の方が速いようだけど、他のコーナーはことごとく詰められてるような気がする。ただ、自分のペースも序盤にしては悪くなく、このコースでは2秒差くらいないと抜かれるまではいかなそうなので、クリーンに、かつ出来るだけ粘ってみる。

と思ったら5周目、ついにShuさんがスピン。うぉおお、勝ったーーw。何気にこういう感じで自分が追われている場面で粘り勝つという事が無いので、これは嬉しかった。その後も33秒台で周回を続け2度程ミスったものの、見事そのまま5位で完走。いやー、ほんと起きてて良かったw。次のニュルも、あんま練習しないで気楽にやった方がいいかもなー。
スポンサーサイト
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

Rouen練習

2008.06.05
わざわざ書くような事ではないかもだけど、各所上がってきてるRouen練習記事がいちいちウケるんですがw。皆様ハイセンスですな。

ところで何となく自分のお気に入り動画を晒すのが流行ってるっぽいので自分も晒してみるか。
昨日見つけたので若干GPLと関係ありそうなこれとか



7分29秒って、もしGPL収録バージョンのニュル走ったら、8分は切りそうだよね。つまり昔のF1より速いと。タイヤの差が大きいんだろうけど、それにしても恐ろしい市販車…

あとGPLとはこれっぽっちも関係ないけどこれは感動した。



MADって元ネタ知らないとハァ?だよね。で、つい魔が差して手を出してみたらいろいろとハマってきてしまってやばいことに。

そういえばニコ割ゲーム、最近出来てないなー。その時間ニコ動見てない事が多いし。まあどうせ60000位の壁を越えられなさそうだしいいけど。グスン

おっと表題のRouenネタ書くの忘れてたぜ。ベストタイム1分56秒6。ノーミスラップ、10周走って2周程度。以上。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

GPLPs Zand

2008.06.02
 久しぶりに本番前のレポ書いちゃったくらい思ったより調子のいいZand。目指すは完走、出来ればポイントなんか取れちゃったりしたらうれしいかな、というのはいつもどおり。

 鯖分けで奇数。こちらはBarさんRecoさんDFGさんCFさんRooさんと優勝候補メンバーがずらり。ちなみに偶数はNB歴代チャンピオンに加え、優勝候補のokadaさんとm2さん。どちらも豪華メンバーであることは間違いないが、やはり奇数鯖の方がトップ争いは白熱しそうな感じ。まあ私めには残念ながら関係の無い事ではあるが。

 予選は20分。練習どおりに走れば24秒台は出るだろうと思って気楽に走り、RepのPBに近い24秒72を出して6位。トップ争いが5名いる事を考えると、実質第2集団でトップ?しかしグリッドについてみたら、6位~8位は横一列。頑張った意味なし。予選タイムを見て、第2集団はLevinさんとShuさんと私という事が判明。順当にいけばこのメンバーで6位を争うという形になる。

 予選に関してあと二点。ひとつは同じRepに乗るRecoさんが、23.25というタイムを終了間際に出して吹いた。いやいや、前日のマルチでJillさんが復帰したということで、半分冗談で「Lot乗ってROT君のタイムを更新して」と言ったのだけど、まさかRepで塗り替えられてしまうとは夢にもおもわなんだ。あと1.5秒どうやって縮めれば…

 それからもう一点は、いつも思うんだけど、予選中とかで他車の後ろついてたら譲ってくれたりしたときに、チャットでThxを返したいのだけど、ボタンの位置が押しづらくて結局そのまま素通りしてしまう。なのでこの場を借りてお礼を。譲ってくれる皆様ありがとう。

 そしてレース開始。6位スタートは3列目のイン側。これは微妙に嫌だな。前日2回ミスった時も両方イン側だったし。まあ前車は優勝候補な人達なわけだから、わざわざスタート頑張って追い抜いてやろうなんて事は端から考えちゃいないけども、イン側はアウト側よりもなんか気を使う。

 グリーンフラッグが振り下ろされレーススタート。とにかく慎重に慎重に、って思って1コーナーに向けて早めにブレーキ。コーナーも慎重に。って思ってたらアウトからShuさんにパスされてしまった。OKOK、抜かれてもいいのだよ、ここは慎重に、と念じながら走っていたら、最終コーナー立ち上がりでLevinさんにも抜かれる。緊張のせいか指の動きが固い。1周目終わって8番手まで落ちたけど、第2集団の争いはまだ始まったばかり。

 集団の最後尾に回ったことで余裕が出てきたので、しばし前の2台を観察。予選タイムからいってもマシンポテンシャルからいっても、Levinさんの方がShuさんより速いっぽい。私を抜いたLevinさんはあっという間にShuさんの背後に。しかし抜くというところまではなかなかいけない。Shuさんも1コーナーのブレーキングとか要所要所で踏ん張ってる模様。2台がバトってるので、私もすぐに追いついた。タイム的には27秒台~26秒くらいで、単独走行時に比べてかなり遅い。3周目終了時点で、3台の争いの前後にマシンが見えなくなり、完全に三つ巴の様相を呈してきた。

最終の立ち上がりが下手なのとマシン直線速度の差で、ホームストレートではLevinさんに離されぎみになるものの、1秒差まではつけられない範囲で追走。やはりRepの特性からか、コース前半の小さいコーナーは前2台より突っ込める。しかしそこでは抜くことは不可能。なので、とりあえず前のバトルの行く末を見守るしかない。

膠着状態が続いていたが、レースも中間地点の7周目に入ったホームストレートで、ついにLevinさんがShuさんを捉えることに成功。それまでの流れから言って、一旦ShuさんをパスしたらLevinさんはどんどん逃げていくかな、と思ったものの、一転追う立場になったShuさんのペースが上がってきたようで、頑張って飛ばしてるつもりでもついていくのが精一杯な感じ。タイム的には25秒台で、特に速いというわけではないけど、時々Shuさんがミスってググっと接近するものの、やはりホームストレートでジリジリ離され、抜けそうな気がしない。

そんな状態が最終ラップまで続いたので、まあいいや、よく頑張った、とこのままフィナーレに向かうはずだったファイナルラップの1コーナー。前方のShutaroさんが止まりきれずアウト側にふくらみスピン。気持ち的にもうバトルは終わってたので、見たときはあんれまーという感じだったけど、とりあえず1個順位が上がって6位フィニッシュということに。優勝候補組がHondaでボフったCFさん以外順当に完走したのでこの順位。

2ヒート目。予選はタイム出せるの2周だったけど、2周目で失敗。8位スタートに。しかし結果的にはこれが幸いしたかもしれない。今度は3列目のアウト側からのスタート。どんなに頑張っても優勝候補組のタイムには届かない。よって予選成功してもまた3列目のイン側になるところだった。やっぱアウト側は何かあったときの逃げ場がある分気楽に思える。

決勝スタート。またもや慎重なスタート。しかし、ブレーキングで前のDFGさんと急接近してしまい、慌てて急ブレーキ。事なきを得たが超焦った。そのまま1コーナーをアウトアウトアウトで。と思ったら前方で接触スピンするマシンが!とっさに危機回避体勢、通れそうな道をFind a way。コースアウトから復帰するマシンにも気をつけつつ、特に何事も無く1コーナー通過。ミラーで素早く後方を確認。すると何やら鎌首をあげるマシンの姿が映し出されているではないか。やば、もしかして当たっちゃった?謝ったほうがいいかな、あわわわ。とか思いつつも、「いや大丈夫、自分のせいじゃない、きっと」と楽観的に考えつつ思わぬ棚ボタ4位浮上に心沸き立つ。

んー、後ろはごちゃごちゃってなってたし、前はDFGさんだしどんどん先行くだろうから、これは単独走行で楽だぜ、ワーイ。そんな気分も1周目のみ。2周目に入ると、プリブルで自分の後ろがmujinaさんからLevinさんに変わったのを確認。ヤバイ。1ヒートでジリジリ離されていった出来立てほやほやのイメージが蘇る。これは頑張らねば。もし射程圏内に入られたら、ホームストレートでまた成すすべなくぶち抜かれる。棚ボタとはいえ一度4位になってしまえば、あわよくばポイントゲットという夢を見てしまう。

まだミラーで確認できるほどは近づかれていないので、前のDFGさんを追いかけるんだ、後ろに追われているのではなく前を追っているのだ、というイメージを維持しながら走る。2周目から25秒台に入ってるので、1ヒートよりはかなり乗れているはず。しかしそれでも気になるLevinさんとのタイム差。毎周同じ地点でプリブルをチラッ。やばい、接近されているようだ。

そんな中、5周目の1コーナーで赤い車がコース外に佇んでいるのを発見。なんと、トップでぶっちぎっていたBarさんのFerではないか。うわー3位だよおい、嬉しいけど今度はBarさんに追われる事になるかと思うと逆に鬱だ。と一喜一憂しつつ必死に走る。大体前も後ろもコンマ5くらい自分より速い。プリブルからそんな値を導き出しながら走る。このままいくとあと何周でぶち抜かれるのか。私の脳内に数字が踊る。

しかし、ある周からLevinさんのペースが鈍り始めた。どうもRooさんとバトルをしているらしい。周を追うごとに後ろとの差が僅かだが広がっている。ところが、しばらくしてLevinさんを抜いたRooさんは、Levinさんを上回るハイペースで接近。こちらも必死で24秒台を並べ、意地でもミラーに映させないようにと踏ん張る。

残り周回あと5周というところで、Rooさんの後ろのマシンがLevinさんからBarさんに変わっているのを確認。ついに来たか。もしRooさんが陥落すれば、あっという間に迫られて抜かれるだろう。あと5周守りきれるか。超必死の走り。気がつけばRepのベストタイムを塗り替えてた。その状態で何周かしてもRooさんがかなり粘っていて、さすがのBarさんも抜きあぐねているらしい。私としては前方のDFGさんの姿が見え続けているおかげもあってか集中力が途切れず、そのまま3位でチェッカーを受けられた。

なんというか、相当疲れたけど最高の走りが出来たことが嬉しかった。1ヒート目はバトルを楽しめて、2ヒート目は単独走行で25秒前半~24秒中盤という自分としては今までのZandレースの中で最高のタイムで安定して走れた。後でリプ見たら、2ヒート目の事故は自分は絡んでなかったので一安心。総合結果は、1ヒート目は残念ながら9位でポイントゲットならず。しかし2ヒート目で総合5位、4ポイント獲得。4ポイントはでかい。運もあるけど、1ヒート目の走りだったら抜かれてただろうし、よくやったと思う。

次回はまたまたデフォコースのRouen。ここも今回とそう変わりないと思う。今回の優勝候補メンバーがめちゃんこ速くて、今回第2集団を形成してた人たちより多分遅いだろうな。頑張って57秒台くらいだろうか。トップは53秒台?異次元だ。完走はZandより厳しそうで、修羅場もありそうなので、また棚ボタに期待したい。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。