ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭文字戦-2 Levin

2008.02.28
頭文字戦第12戦、Levinのレポです。Levinは2km弱のショートコース。クラブサーキットはFalken以来。コーナー数も少なく、コースを覚えるのは簡単。しかし、簡単なコースでも走ってみると思ったより難易度高かったりします。速度をキープしてだらだら回るコーナーがいくつかあったり、微妙に回りながら進入するヘアピンがあったりで、いい感じで曲がれる時もあれば、オーバースピードでスピンしたりと安定せず。

セッティングは、またFIRのセット(tomoosetモナコ改)を用意。これとスパセットだけで大方のコースはカバーできそうな気がします。Repの特性もあって、小さいコーナーの回頭性は文句なし。

ポールスタートで迎えた決勝。狭いコースなのに、横に2位のAkatyさんと3位のNullpoさんがいて怖い。スタートは問題なかったですが、1コーナーで過剰ブレーキングなのか、テールが流れスリップアングルがでかくなってしまう。「まずい、横にいるはずのAkatyさんにあたっちゃうかも」と思って何となくイン側の芝生にエスケープ。復帰するタイミングが分からずドンケツまで落ちてしまう。

今日は何となく気が抜けている感じで、前半はミスりまくり。9Lap目までに4回くらいミスったか。そのうち2回くらいはクルっと一回転してピタッと進行方向で止まって、ちょっと気持ちよかったw。しかし、1位のAkatyさんはだいぶ離れてしまい、あー今日は絡めないかなー、と単独走行を覚悟。

しかし、Akatyさんもミスったのか、プリブル表示でいきなりギャップが縮まる。16Lap目には前方にAkatyさんを確認。俄然やる気が出てくるw。しかし、この狭いコース。ホームストレートも500mくらいしかない。オーバーテイクは無理だろうから、背後から付け回ってミスを待ついつもの作戦にw。

が、12Lapくらい頑張ったものの、大きなミスをしてもらえず、結局2位フィニッシュ。コーナーへのつっこみはこちらの方が良かったのですが、立ち上がりはAkatyさんが速く、ストレートが短いので抜くことは不可能でした。しかし、FalkenでRecoさんとやったような1対1の接近バトルを再び楽しめました。ちなみにAkatyさん今回が初優勝です。おめでとうございます。

さて、次回は「M」ですが、約1名にとっては残念な事に、monzaでもmonza10kでもなく、Magny-Cours98になりました。Hochenheim、Indyに続くリアルF1コースです。個人的にマニクールはそんなに好きではないんですが、GPLで走ると空力が無くて、GTLのマシンよりエンジンパワーあって軽いから面白いかも。シケインとか1コーナーからエストリルなんかは、空力あるのと無いのとでは全然違うでしょうね。特にエストリルは要注意かも。そんなわけで次回も楽しみです。
スポンサーサイト
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 King raceway

2008.02.25
頭文字戦第11戦は、King Raceway。コース図を見ると10km近くもあり長めでコーナー数もそう多くないから、中高速コースかと思ってたら、1、2速で回るコーナーが大多数の低速コースだった。サイコロ戦では結構相性のいいタイプのコース。セットは何となくKyalamiを採用。Mexを使った人もいたようだけど、今考えるとそれもありだったような。でも結果的にはいい感じで曲がれて、コースもすぐ覚えられた。

決勝はポールスタートだったけど、回転あわせるの失敗してストール。2位のAkatyさんと3位のm2さんのCov勢に先行され3位転落。しかし何コーナーか回ってm2さんをオーバーテイクし、その後数周はCovにサンドイッチされ苦しむ。m2さんに後ろから攻められつつAkatyさんを追いかける。3Lap目には真後ろにつけたが、m2さんも来てるので油断できない。

4Lap目に先頭のAkatyさんがスピンし、トップに立つ。m2さん乗れてるので必死に逃げる。するとしばらくしてm2さんミスったのか、少し離れて楽になった。その後は順調に周回しチェッカー。なかなかリズムよく走れるコースで、単独走行でも楽しかったけど、序盤の団子では久々にミスできない緊迫感を味わった。

続いて同じコースでBRMのワンメイクレース。BRMかー、ドタバタしそうだな、と思ったけど、KyalamiのMAセットが思いのほかよくて、BRMの繊細な挙動にある程度慣れると、わりと普通に走れた。やっぱm2さんが速かったけど、途中で自滅したのか、単独走行になってチェッカー。BRMは後ろが重たくて、エンジンがピーキーなので、雑な操作するとギッコンバッタンって挙動が出てしまう。感覚的には手を抜いて、というか楽に走った方が、かえっていいタイムが出たような気がした。

その勢いでZandもBRMでいった。BRMでは初めてなのでベンチ切り狙いだったけど、26秒2で無事達成。しかしAkatyさんもBRMで走ったけど、25秒台。やはりブランクがあっても速い人は速いのう。そしてRe子鯖が次はSpaだったので、Covベンチ切りを狙ったが21秒も切れない…。結構いっぱいいっぱいで走ってるのにこれでは、まさに「スパのベンチが切れない」状態。Monsterランクでこれが一番最後まで残りそうだ。

そんなこともありつつ、頭文字戦のほうは3戦ぶりにサイコロを振った結果、次戦は「Levin」というコースに決定。1.8kmのクラブサーキット、ということはFalkenぽい感じだろうか。確かRecoさんといいバトルが出来たけど、AkatyさんがFLだったっけ。1周が短いだけに、またもや接近戦になりそうな予感です。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Janakkala

2008.02.22
頭文字戦第10戦は、20km・100コーナーの衝撃、Janakkalaでございます。予選前は一体どうなっちゃうのかワクテカでしたが、意外や意外、45分のプラクティスでコース覚えられました。覚えられた理由としては、割とコースレイアウトがパート分けされていたというか、メリハリがあるというか、ここからは低速くねくねゾーン、ここからは高速ゾーン、みたいな感じで把握しやすかったんです。

しかし、最初に出て行ったときは、1コーナーで早速柵に突っ込んでしまい、スーマリの最初のクリボーで死んだ時のような気持ちになりました。多分、Repという曲がりやすくてバランスのいいマシンでなかったら、走っててうんざりしてたかも。BRMとかHonとかだときつかったと思います。セットはスパのもので問題なし。

決勝はポールスタートでしたが、事前に旗振りおっさんがいないという事を話してたのに、本番ではすっかり忘れてて、「ええっと、おっさんどこどこ?」と探してる間に、何となくみんなピクピク動き出したので、適当にスタート。ただひとり旗振りおっさんを捉えていたDFGさんが先行、その後ろにAkatyさん、わたしの順で1コーナー。その1コーナーでDFGさん柵に一直線で、Akatyさんが先頭に。しばらくそのままでしたが、最初の罠コーナーというか高速コーナーの直後に低速コーナーというポイントで、Akatyさんコースアウト。わたしも釣られてコースアウト。後ろの皆さんもKazukiさん以外はコースアウト、というプチ修羅場。バコン!とかいう音にちょっぴりビビりながらも何とか抜け出して、その後はひたすら独走でした。

が、1Lap目終了で2Lap目入った瞬間に、プリブル表示で他車が全部消えてしまうという事態発生。その後30秒くらいで復帰しましたが、どうやらこの時に幽霊になってしまったらしく、3Lapレースの3Lap目に入っても残り2Lapとか表示されて、「あれ?4Lapレースになったの?」とか思ってたら、順位がどんどん下がっていき、なぜか最下位に。一応3Lap走り終えた後も、そのまま走り続けてみましたが、走っている間に「あと1分で鯖終了」とか表示されて、もうだみだ、と諦めて試合終了。レース結果を見たら-2Lapで最下位。w

レース後の審議の結果優勝にしてもらえましたが、2Lap目に出したベストラップが結果に反映されずちと残念。しかし全体としてはのめりこみ度の高い面白いコースでした。

さて、レース後恒例のサイコロ転がし。ここで重大な事実を思い出しました。つい3日ぐらい前にPCがまた不調になったのです。OSが起動しないという致命的な状態。しかし、今回はちゃんと先手を打って、TrueImageでCドライブ丸ごとバックアップしてたので、それを戻してやれ問題解決。と思ってたら、その戻した環境。ほぼOSまっさらの状態だった…。なのでまたいろいろとインスコしなくちゃいけないんですが、その中でサイコロに必要な.NET2.0をインストールし忘れてたのです。で、サイコロ振れないじゃん、どうしよう…

そこで、困った時のm2先生ですよ。先生、よろしくどうぞ。とくれば断られる事はありません。というわけで2戦連続でm2先生が振って出たコースは、「king」という、これまた妙なコース。17コーナーしかないわりには10km近いコース長。そして土曜ということでPro。どうやらまたやばそうな予感がします。今度こそ完走なるか。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Indy

2008.02.21
頭文字戦第9戦は、F1USGPのコースIndyF1です。F1コース連荘ですね。もちろんコースレイアウトはばっちり。でも前回はorzでしたが。琢磨初表彰台のコースIndyは、予想してたとおりストレート以外は全部低速コーナー。2速までしか使いません。ダウンフォース無いし、2速で170kphまで出るから当然と言えば当然ですが。

さてそんなコースで予選開始。早速セッティング選び。なんとなくシルバーあたりいっとこうか、でコースイン。ところがどっこい、なんじゃこりゃ~のドアンダー。低速セクション曲がりません。とりあえずコース覚えなきゃってことでしばらく頑張ってみたら、それなりにタイムは上がってきたけど、疲れるなぁこれ。

ということで残り時間あるうちに、別のセットを試してみることに。ずらずらーっとリストを見ていく中で、目に留まったのが「F.I.R」。BL2で走った短めのコースですね。これRepで走ったんでセットが残ってたんですが、そのセットはtomoosetのモナコを弄ったもの。ふむふむ、そういえばあのコースも、ストレート以外は1速のくねくねコースだったっけ。ギア比だけ弄ったらいけるんちゃうの?適当に弄ってコースイン。

するとこれは!んー、今度は曲がりすぎる。超曲がる。完全にオーバーステアだなぁ。しかしさっきのドアンダーは根本的に曲がらないけど、こちらはアクセルさえ不用意に吹かさなければ、断然楽。ということで採用。

そして予選終了。なんとかポールゲット。が、決勝スタートでうまくトラクションかからずに、Recoさん、Akatyさんに先を行かれてしまう。よく曲がるということはリアのスタビリティが低い、よってトラクションかけるの難しい、ということを勉強。そしてしばらく3位走行。

前方ではAkatyさんがRecoさんにガンガン詰め寄ってます。お二人はNB2004の同期というということもあり、とっても仲良し。でも仲良しすぎるのも考え物です。6Lap目の6コーナーで、AkatyさんがRecoさんにぶちゅぅぅっと一発かまし、Recoさん堪らずスピン。

その後Akatyさんを追いかけますが、どうもAkatyさんは最終コーナー(バンクに入る前のコーナー)の立ち上がりがよくて、ここで離されます。逆に1コーナーはこちらの方がいいようです。まあでも、まだ残り周回あるから、後ろ走ってればチャンスはあるかなぁ、という他力本願で気楽に走ります。

そしたら残り5Lapの1コーナーでAkatyさんオーバースピードでコースアウト。その間にトップに。他力本願作戦成就w。よーし、パパ逃げるぞー、とラストスパートかけていたら、残り3Lapというところで突然画面が固まり、エンジン音が無限上昇…

うわあああん、これから面白いところなのにぃぃぃ。と涙ながらに訴えても始まりません。あきらめてCtrl+Alt+Delで強制終了。GPLIPに戻ってみます。すると、あれ…?皆さんもお戻りあそばされたのですか。皆さん三々五々集まってきて、口々に「固まったw」と申されます。ただひとりを除いて…。そのままレースは成立。優勝者は、なななんとm2さん。見事にただひとりきのこりました。本人いわく、「普段の行いが良かったから」とのことでした。

だかちょっとまて。本当にそうだろうか。私は独自に鯖リプを検証してみることにした。そして重大な事実に気づいてしまったのだ。問題が発生したのは、レース開始から21分17秒たった時点。この瞬間にm2さん以外の全員のステアリングが同時に固まって、まもなく消えた。その瞬間、m2さんはどうだったのか。私は見てしまった。m2さんはまさにその瞬間、最終コーナーでスピンしていた。w

こ、これか、これだったのかぁぁぁ!!私は何となく感づいていたものの、ようやく確信しました。m2さんのかましたボケに思わず鯖がずっこけたのどぅあぁぁぁあ!!!!



さて、次回の頭文字戦ですが、「J」になります。サイコロを振った結果、一度目はjopsという、BL2でみんな走っているコースなので、再度振りなおしをしたところ、「Janakkala」というコースになりました。このコース、なんか見たことがあるような気がするんですが…。と思ったら、すでにインストールしてありました。だいぶ前、まだBL2開催中でしたが、LEVINさんがタイムアタックやってたので話題になったコースで、それじゃ自分もと思ってインストールしたのを思い出しました。しかしコースは覚えていません。何しろ長さ20km、コーナー数100というトンでもないコースだからです。とてもじゃないけど、45分で覚えられるコースではありません。きっとお笑いレースになるでしょう。楽しみです。

追伸:
それにしてもm2さんがサイコロ振ると、Avusとかこのコースとか、極端なコースが出てくるような気がします。お人柄が偲ばれます。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

頭文字戦-2 Hochenheim98

2008.02.17
頭文字戦第8戦のHochenheim98。土曜なのでGPモードです。これまでAvus、Dolomitiとリタイヤ、完走未だなしだったので、今回こそはと思ったんですが、やっぱリタイヤ…。orz

予選は5位で、セットはまたまたAvusのを持ってきてみたんですが、1コーナーとかスタジアムに戻ってくるところとかがちょっとアンダー強かったかな。あとからセットよくみたら、ダンパーがオール5だった…。

まあ一発のタイムはそんな悪くなかったとおもうけど、結局はドライビングに安定性がなかったって事なのかも。直接リタイヤした原因は、残り3周でAkatyさんを追っかけてて、一番奥のシケインから立ち上がって3つ目のシケインへの進入の時に、スリップが効いてたのにも関わらず普段と同じポイントでブレーキングしちゃった、それで止まりきれなくて接触、という単純ミスなんですが、それ以前にもAkatyさんを追いかけて一度抜いてるのに、ミスでまた後ろになっちゃったっていう事があって、まあ自業自得って感じ。何よりAkatyさんに致命的なダメージがなくてよかったです。

次回は「I」でIndyのF1コースということに相成りました。ダウンフォースのないマシンだから、ホームストレート以外は基本1速2速の低速コーナーオンリーですね。今までの感じからすると結構低速レイアウトは自分に合ってそうなので、楽しみです。

で、GPLとは全然関係ないけど、サイコロ戦終わった後、近所で国道を30分通行止めにする工事があって、見に行ってきました。246の交差点の上にペデストリアルを設置する工事で、550トンクレーンを使ってました。これは日本では最大級の油圧式クレーンだそうで、こんなところではそうそうお目にかかれないしろもの。深夜にもかかわらず見物人が、中には遠いところから車で駆けつけたマニアらしき人も含め、200人以上押しかけました。すでに交差点のそばの公園に出来上がってる、全長50mくらいの歩道のパーツを吊るし上げ、一気に支柱の上に持っていく様は圧巻でした。道のど真ん中に出て写真撮ることもできて、普段ではありえない体験をすることができました。が、めちゃくちゃ寒かったです。^^;

工事開始10分前に現場到着。既に歩道が吊り上げられています。
工事開始10分前に現場到着。既に歩道が吊り上げられています。


近づいてみたところ。でけー。
近づいてみたところ。でけー。


見守るギャラリー。今からここに橋が架かります…
見守るギャラリー。今からここに橋が架かります…


無線によるカウントダウンに続いて、時間ぴったりに工事開始!
無線によるカウントダウンに続いて、時間ぴったりに工事開始!


そして30分後にはご覧のとおり。
そして30分後にはご覧のとおり



CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

頭文字戦-2 Garde

2008.02.15
頭文字戦第7戦「G」は、8台参加でGardenmoenというコース。ここはどうやら空港のコースのようで、レイアウトは完全にストップアンドゴー。ほぼブレーキングポイント早探し競争の様相を呈していました。とにかくコースサイドに目安になるものを見つけようとするんですが、なかなかない。なので、1コーナーの突っ込みは、「救急車過ぎたら4つ数える」とかものすごいファジーな方法で乗り切りましたw。あとは2速吹けきったら、とか、3速吹けきったら、という基準でブレーキ。結果的にはまあまあうまくいったような。セットはデフォで走ったら、また5速吹けきりで275しか出なくて、面倒だからAvusのセット持ってきたらいい感じ。

結果はポールトゥウィン。まあマシンがRepで、予選2位3位のお二方がCovということで、直線速度の差が10km/hくらいあるんで結果的に優勝出来たけど、レース中でもちょくちょくストレートエンドの藁に突っ込んだり、コースはみ出したりと、最後までしゃきっとしなかったレースでした。

その後tullnとかいうコースをこれまたサイコロで選んで走りました。こっちの方が面白い。感じとしてはFalkenとかみたいなショートコース。コースサーフェイスはフラットですけどね。ここはブレーキポイント分かりやすいから楽でした。

そしてさらになりゆきでMonzaを。Recoさんがさっきのレースのストレス解消に、っていうことでEag乗るみたいなので、自分もかなり久々にLotでいくことに決定。DFGさんがEag、AkatyさんがLot。ひそかにPB越えを狙っていましたが、予選はギリギリ届かず。しかし、久々に乗ったにしてはかなり手ごたえを感じました。そして決勝でコンマ2秒ほどPB更新する事が出来ました。相変わらず26秒台は遠いですが、とりあえず苦手のMonzaなので27秒5でもうれしいです。

余談として、GPLIPでは久々に神が登場。去年のHDDの事覚えていてくれたのに驚き。こちらも忘れてたくらいなのでw。それはともかく、憔悴しきっているとの事で、事情は分かりませんが何とか乗り切って欲しいと思います。

余談ついでに、ブログのspam阻止の話題にも花が咲きました。そして今日もまた新たなコメントspamが。早速、「マンスジ」と「食い込み」を禁止ワードに入れました。以後、これらの言葉は使えませんので、例えば「3位に食い込みました」とか「筋肉マンスジ太郎」とかダメですので、コメントに書き込む際は十分注意してください。

さて、次回頭文字戦は「H」。この流れでHですが気にしないでください。わたしがokadaさんによる最新式サイコロマシーンをぶっ放して出したコースは、ホッケンハイム98。森の中にシケインが3つあるやつですね。70年バージョンはシケインがなかったですが、あるほうがちょっと変化があって面白いかもですね。98年バージョンはやったことないので楽しみですが、Cov勢またもや不利なコースですな。以上レポでした。

追記:
今しがたtullnのリプ見たら、面白すぎだよこれ。ほとんどokadaさんとRecoさんのコントじゃないですかw。レーシングコントという新しいジャンルを確立してしまったかもしれん…。にしてもRecoさんがあまりにもかわいそすぎるw。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

頭文字戦-2 Falken

2008.02.13
頭文字戦の6戦目は、北欧スウェーデンのクラブサーキット、Falkenbergですが、いやー結論から言うと非常に楽しかったです。今のところプレ戦含めてベストレースじゃないかな。結果は2位だけど、熱いバトルが楽しめました。

コースは全長1.8kmで、コース幅はまあまあある感じ。前回のEltsuみたいに、2台並ぶ事自体が不可能、というほどでもない程度にタイトです。全体的にはライムロックからアップダウンを省いた、みたいな感じだろうか。低速コーナー主体ですけど、リズムよく走ることができる気持ちいいコースです。どれくらい気持ちがいいかというと、気が付いたら予選で57Lapもしていたというくらい気持ちいいです。w

そんな感じで予選で飛ばしすぎたわたしですが2位スタートです。今回初出場のRecoさんが1位。Hondaなのに41秒台入れてきました。こういう低速コーナー主体のコースはRepの得意分野なはずですが、及びませんでした。

そして32Lapのレーススタート。スタートはまあまあですが、後ろのYuniさんFerがロケットスタートで接近。しかし、横のRecoさんはストール気味で出遅れ、わたしが先頭で1コーナー進入。2Lap目もトップ。後ろのYuniさんは残念ながら回線落ちの模様で、mujinaさんが2位浮上。さらにその後ろのRecoさんがmujinaさんをパスし、2Lap目終了時点で2位。既に4秒近く差がついているので、このマージンを保とうと思った矢先の3Lap目。1コーナー立ち上がりで後輪をアウト側のダートに落としてしまいハーフスピン。polarさんの後ろ4位まで順位を落とすことに。

でも楽しかったのはここから。5Lap目までに2位に復帰し、Recoさん追撃体勢に入ります。5Lap目終了時点で4秒差でしたが、1Lapコンマ1秒とか5秒とか稼いで15Lap目から接近戦開始。残り2Lapになるまでずっとテールトゥノーズ状態で、手に汗握りました。何しろ相手がRecoさんということで、オーバーテイクは難しい。なので、自分のマシンをミラーに映したり、ブレーキングでわざとグワーって近づいてみたりして、プレッシャーをかけてミスを誘おうとしましたが、ほとんどミスしてくれませんでした。あと、Repの回頭性の良さで、ターンインでグッと近づけますが、立ち上がりのトラクションがHondaが良くて、ストレートも伸びが良かったです。Hondaのというか、Recoさんの腕でしょうけど。w

で、まあ仮にあまり早く抜いてしまっても逆にRecoさんにチャージされるとこっちはすぐに陥落しそうなので、残り3Lapで本格的に仕掛けることにしました。その残り3Lapの1Lap目は良かったんですけど、2Lap目でドジ踏んじゃいました。3Lap目でスピンしたのと全く同じところでスピン。Reco様安定したドライビングの前にひとり相撲で終わってしまいました。とはいえ、15Lapにわたる接近戦を楽しめたのも、Recoさんの安定したドライビングのおかげです。ありがとう!

そして次戦「G」ですが、サイコロの結果これまた妙なトラックのお出ましです。Gardermoenという名前で、ノルウェーの飛行場のコースみたいですね。Eltsuと同じ作者さんです。距離は4538mと、一般的なサーキットに思えますが、コースレイアウトは「ストレートの一部が折れ曲がってしまったAvus」といった面持ちです。2つのヘアピンを行って来いする途中に二つコーナーがあると。うーん、どうだろう。面白いかなぁ。参加台数によるかな。まあ、本番までのお楽しみということで。ちなみにpolarさんいわく「バレンタインデー、チョコもらえなかったヨ寂しいspl」だそうです。w
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Eltsu

2008.02.11
頭文字戦第5戦のEltsuですけどね。レポ書くためにリプ見てるんですけど、もうおかしくておかしくて。もうむちゃくちゃですね。1Lap目から。てかむちゃくちゃにしたのは私です、はい。面目ない。orz

このコースはフィンランドの市街地コースで、2kmくらいのコース。道幅がせまく路面もうねっていて、コーナーもタイトだったりするので大変です。予選は1位がokadaさん、2位がAkatyさん、3位私、という感じです。50秒台の熱い争いが展開され、嵐の決勝を予感させます。

そして決勝。スタートは順調。3位キープです。安全のために前との間隔を若干とってみますが、前の二人は超接近戦です。やりよる。しかし、1Lap目も残りコーナー二つというところで、1位のokadaさんがまずコースアウト。そして問題の最終コーナー。先頭のAkatyさんがスピンでそのままイン側にドスン。その後ろの私はアウトにふくらみドカーン。そして悪い事に反動でコースの中央に戻ってしまい、これが後続を巻き込む大惨事の原因に…。そして私の後ろのissyさんもアウト側のわらに突っ込み、5位のmujinaさんがコース中央に戻ってきた私に突っ込まれ吹っ飛び、6位のpolarさんも私を避けきれず接触し吹っ飛び、7位のYuniさんも私を避けようとして大きくコースアウトし、その真後ろにいたkazukiさんがYuniさんに突っ込みYuniさんご開帳という、文字どおり修羅場となってしまいました。惨事の原因となってしまったので、どのタイミングで復帰すればいいか見計らうものの、誰がどうなったのかわからないので、とりあえずgoudaiさんが通り過ぎていったあたりで復帰。しかし結果的に私が直接巻き込んでしまったmujinaさん、polarさん、Yuniさんの3人をあとに残していくという失態に後から気づいたのでありました。orz

これで6位まで下がった2Lap目、3コーナーに、仲良く藁に刺さって復帰できないokadaさん、Akatyさん、goudaiさんの3台発見。笑っちゃいけないけど笑ってしまいました。その後も飛んだり跳ねたり回ったり藁に突き刺さったりShift+R3回したり、書ききれないほどごちゃごちゃーと出来事があって、終わってみたら優勝していた、という感じでした。とにかくカオスでした。

次戦「F」はFalkenbergという、これまた北欧のクラブサーキットで、全長はEltsuよりさらに短い1.8km。1Lap42秒くらいのショートコースです。今回よりもコース幅は広そうだし、エスケープゾーンがありそうなので、今回のようなはちゃめちゃにはならないでしょうが、どうなるでしょうか。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Dolomiti

2008.02.10
頭文字戦第4戦、Dolomitiです。土曜ということもあって、10名を超える参加者が集まりました。やはり人数が多いと面白いです。

前回のエントリーで宣言したとおりBRMで参戦しましたが、やっぱ難しかった…。Dolomitiは11km以上あるコースだったんですね。そしてコーナー数が30。土曜なのでGPモード。コースを覚えようとして出て行くんですが、毎回同じところでオーバースピードでクラッシュ。最初の1周を回ってくることが出来ずに焦る焦る。しかしその毎回クラッシュする場所さえ気をつければ、あとは結構高速コーナーで、しかも左右左右…という感じでリズミカルにいけるので、周を追うごとにタイムアップ。結果3分3秒で予選2位スタートです。ポールはissyさん。

決勝スタート。BRMでのスタートは苦手です。ストールさせてissyさんと少し離れてしまいます。しかし、とにかく出来るだけついていこう、GPモードだし、チャンスが来るかも、と思って1秒差ぐらいでついていきます。ところが3周目、いい感じで走ってたのにほんのちょっとライン外して、イン側の壁に激突。タイヤがもげて敢え無くリタイヤとなりました。グスン。

その後トップを走っていたissyさんをはじめ、mujinaさん、okadaさん、とトップ走行者が続々リタイヤ。完走わずか3台、優勝はDFGさんという波乱の結末となったDolomitiでした。

次回「E」は、世間が三連休ということで、急遽本日の開催となりました。コースはEltsuという未知のコース。コース長2kmしかない、市街地コースらしいので、これまた楽しみなコースです。今回BRMに浮気して惨敗だったので、またRepに戻ろうと思いますw。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Campalto

2008.02.08
頭文字戦の「C」は、Campalto。参戦は5台とちょいと少なめでした。予選開始後、ちょっといろいろあって、Joinした時は残り25分くらいでした。走る前は、2~3速のテクニカルだと思ってたけど、走ってみたら予想以上に1速使うコーナーが多く、覚えるのにかな~り難儀しました。デフォコースで言えばどこかな。モナコ?しかし別のセット試してる時間はなく、デフォセットのままで行くことに。終了間際になって、ようやくノーミスで回ってこれるようになりました。とにかく最初から最後までトリッキーなコースです。

ポールから決勝スタート。しかしまたもや旗振りおじさん見失い病発生。あとから聞いたら右側にいたようですが、一生懸命左を探していたお馬鹿さんとはあたいのことだよ。左列のPolarさん、okadaさんに抜かれて3位。しかし、1コーナーの先のアップダウンの部分でokadaさんが早くもスピン。そこへ突っ込む私。しかし大事には至らず。kazukiさんに抜かれたものの、その後追い上げて2位。そしてpolarさん単独スピンの間に1位浮上。あとは順調に走ってそのままチェッカーでした。

予選に入れない時は焦ったけど、何とかコース覚えられたのがよかった。えー、次は「D」ですが、Dolomitiというコースになりました。これはAvusに続き、以前に走ったことあるコースということですが、なんか苦手意識だけがおぼろげに残っています。しかもProモードなので心配ですが、思い切ってBRMに車種変更。これで様子みようかとおもいます。アップダウンあるコースなので難しそうですが。頑張ります。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Beal Valley

2008.02.06
頭文字戦の2回戦目、BealValleyに参戦してきました。このコースは12kmもあり、初めて走るコースなので予選の45分間で覚えなければならないのです。といってもGPモードではないので、結構気楽に走れました。予選出ていった最初の数周は、低速コーナーが来るたびにお約束のようにわらに刺さりまくりです。

セットは、とりあえずデフォを燃料とブレーキバランスとデフだけ弄って使用。しかし出ていって半周くらい走って曲がりにくさと、ストレートで275km/hしか出ないという事に気づき、デフォを弄るのはあきらめ、デフォコースのセットで使えそうなものを考えることにしました。割と高速コーナーが多く最高速も高い。しかもコース脇の柵のテクスチャが同じだということに気づいて、スパのセットを試してみました。これがもう、まさにミラクル。どんぴしゃです。Repの回頭性の高さが遺憾なく発揮され、高速コーナーがクイック。これでだいぶマシンが走りやすくなり、おかげでコースの学習に専念できました。

周を追うごとにコースの特徴が見えてきて、ブレーキングポイントがつかめてきます。だいたい6周したくらいで覚えて、それからはちょっと攻めてみました。結果3分35秒台でポール。これがタイム的にどの程度かはわかりませんが、思ったより覚えやすいコースでした。決勝は皆さんコースを覚え切れていなかった感じで、わたしは完全に単独走行でした。でも単独で走ってても面白いコースでしたね。

さて、プレ戦を含め3戦連続で優勝してしまったので、そろそろ考えなければw。車種をBRMあたりに変えようかしら。でも今年はRepでと決めたのでどうしようかな。もう一戦だけRepで出てみます。次戦「C」は、厳正なサイコリングの結果、「Campalto」というコースになりました。何やら既にインストール済みの方もいたみたいですが、わたしは初めてのコース。コース図を見たところ、5.8kmとコース長はちょうどいい感じ。コーナー数は長さにしては比較的多目か。2速の中低速コーナー主体のテクニカルサーキットに見えます。これまた楽しみなコースですね。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 Avus59

2008.02.03
「A」から始まり「Z」で終わるらしい頭文字戦ですが、初戦のAvusはいろいろあって8台の参加。わたしは前戦同様Repで参戦。お告げによると今年はRepに乗れという事でしたので、全戦Repでいこうかなと思っています。

Avusは初めてではないんですが、以前走ったのはAvus50の方で、作者が違うんですよね。だからコースレイアウトは覚えていたけど、微妙に違うというか、走りやすい部分と走りにくい部分がありました。で、ラップタイムが50の方が1分50秒とかそれくらいだったのが、2分16秒くらいとえらい違いです。長いです。バンクはこちらの方が走りやすい。50の方は、ほんのちょっとライン外したりオーバースピードで入ったら、即スピンでしたから。その点今回の59は結構適当というか大胆に進入しても体制崩れないので、難易度は低い感じでした。ただ、直前の高速右コーナーが若干タイトで、50では260km/hくらいだったのが、220km/hくらいじゃないと曲がれなくて、そこに少し戸惑ったっていうのはありました。

予選は途中までは順調にいったんですが、残り10分くらいで恐れていた画面フリーズ。音声だけ鳴り続けて画面は固まっていて、Ctrl+Alt+Delも効かないという、年末GPでリタイヤに追い込まれたあの忌まわしい現象が発生。うわー本番まずいなー、と思いつつ、他にも何人か固まったそうです。

そんなこんなで、決勝スタート。ポールからスタートしたものの、1ヘアピンから立ち上がっていくところで、後続になにやら混乱が。というかヘアピン進入あたりで黄旗が振られているのが見えたので、あれ?と思ってたら、ゾロゾローっとみんな落ちていって、わたしとYuniさんだけ残される事態に。えー、1周目の1コーナーで残り2台ですかー。しばらくそのまま走ったけど、やっぱこれはやり直したほうがいいだろう、と思ってYuniさんと鯖から出たのです。すると、事故かなにかかと思ったら、皆さん回線落ちだったようです。わたしとYuniさんは前方だったから大丈夫だったのだろうか。とにかく再レース決定です。

5分予選でポールスタート。今度は回線落ちは発生せず、順調に周回を重ねます。しかしGPモードのため、わずか3つしかコーナーが存在しないコースにもかかわらず、一台また一台とリタイヤ。気が付けばわたしとDFGさんの2台しか周回していませんでした。で、そのDFGさんもタバコによる操縦ミスが原因で10周目にリタイヤ。ついにコース上にはわたしひとりだけとなってしまう。しかもまだレース半分もある…。ガーン。9割がたストレートのこのコース。つい魔が差して、左手を使ってチャットを。さすがにストレートが長いだけあって、チャットメッセージを打ち終わってもまだ直線は終わりません。そして調子に乗って打ちまくります。そんな事をやってたら12周目の2コーナーで、コーナーが迫っているのに気づかず、そのまま直進。コースサイドの木に衝突し大回転。DFGさんとほぼ同じミスでリタイヤ。こうして残念ながら完走者無しのレースになってしまいました。今思えばShift+Rが出来たらもう少し面白くなってたかもしれません。1台で走ってると、全く張り合いのないコースなので。w

ということで、完走してないけど優勝になりました。今回Covが3台もいて、リプみたらCovとその他のマシンでは10km/hくらいストレート速度が違うので、わたしもCov使ったら面白かったかなーと。でもまあお告げはお告げですから。w

で、次戦「B」のサイコロを振ることになったのですが、Bと言えばBrnoかなー、ってかBrno以外知らん、なんて思いつつ振ったら、「BealValley」とかいうコースでした。これが12kmもあるコース。これを事前練習無し、ぶっつけ本番で走るということで、大変愉快なレースになりそうでこれまた楽しみであります。出来ればもう少し人来るといいなぁ。でも火曜だから無理かな。以上レポでした。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

頭文字戦-2 プレレース

2008.02.02
えー、Portland67で行われた第2回さいころレースのプレ戦ですけど、結果はさておきまずはこれを。

スタート直前。

スタート前


スタート直後。
スタート後


というのも。

旗どこ


旗はどこじゃーーーーーーー。

ということで、残念なスタートのあとは、皆さんいわく「距離感わかんね」なコース。各所で次々オーバースピードでコーナーに進入しコースアウトなされていくなか、ひたすら単独走行で優勝させていただきました。

プレ戦ということで、次戦「A」のサイコロを振る人を決めるレースだったのですが、肝心のサイコロ振り役のわたしがですね、「サイコロってなんですの?」という、今までのレースは何だったんですか状態で、代わりにm2さんに振っていただくという情けないオチがついたわけであります。

で、そのm2さんのありがたいひと振り(正確にはやり直しのふた振りめ)で、なななんとAvusが出ましたよ。実を言うと、Aと聞いたときにAvusがでないかなぁと思ったんですけど、まさかほんとにAvusになるとは。いやこれはどうなるのかちょっと楽しみですわ。もうこのあとすぐレースですので、以上です編集長。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。