ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2chGP 5th 第10戦 WatkinsGlen

2007.03.26
予選6位、決勝3位という結果でした。概ね前戦Monzaと同じような展開だったと言えます。しかし、またえらい緊張してしまった。しかも予選から。おかげでタイム的にはボロボロでしたし、予選・決勝ともボフりました。マルチの練習では一度もボフった事なかったのに。やっぱ緊張がドライビングに出てしまったんでしょうかね。という訳で自分としては、ひたすら単独走行で特筆する事のないレースでした。

レースはポールスタートの芸者さんがトップを守りきり、MRさんを抑えて優勝。見事チャンピオン決定と相成りました。おめでとうございます。ついにチャンピオン決定ですねぇ。やはりNBチャンプは強かった。そして2位のMRさんも残念ながら捉えることは出来ませんでしたが、勝負どころで芸者さんを追い詰める走り、お見事でした。それから鯖担当のHirameさん、3戦連続で乙でした。

来週はいよいよシリーズ最終戦となるMexicoです。来ましたねーメキシコ。昨年末、NB・TB最終戦前に走りこんだのが遠い昔のようですw。最後を飾るに相応しいレースに期待。

あ、それからGPLrankで今年の目標である-40秒達成!やったね。しかしモンスターズの方は1月から進展なし…

2chgp5thWatkinsGlen


スポンサーサイト
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 第10戦 WatkinsGlen 直前

2007.03.24
いよいよ残すところあと2戦となりました。前のエントリーでWatは苦手と書きました。正確には苦手意識があった、と言った方が近いかも。苦手意識の原因は、以前neGcoさん主催のダービーでBRMで走った時、どう頑張っても7秒切れなかったのに、他の人は普通に5秒台とかで走ってるのを見て、自信無くしたわけです。それ以来Watでマルチをする事が何度かありましたが、苦手意識があるために余計にコーナーへの突っ込みで無理しすぎてコースアウトしまくり、さらに苦手意識が強くなった、という経緯があります。

しかしステアレシオの設定を変えると走りやすくなる事に気付いてから、一気に走りやすくなり、ループ手前のブレーキングを練習したら殆どミスする事もなくなり、タイムも伸び、苦手意識もなくなってきました。まさか4秒台で走れるようになるとは思わなかったので、嬉しい限り。今までは17周が途方も無く長く感じたのが、あれ?もう終わり?くらいの感覚になってきて自分でもびっくり。2chGPで走ってきた中で一番成長したコースかも。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 5th 第9戦 Monza

2007.03.19
予選は28秒31。自己ベストからコンマ3秒遅く、平凡なタイムで7位。

決勝。いいスタートを切り芸者さんをパスする。1コーナーでは何事も無かったが、レズモで事故発生。幸運にもうまく抜けられて3位浮上。1位はtibiboboさん、2位はDFGさん。2台ともLotで、最初の2Lapくらいは頑張って付いていこうとしたが、やはり段々離れていく。後ろのm2さんも離れていって、4Lap目くらいから単独走行になってくる。

この辺で、何故か尋常じゃない程緊張してくる。こんなに緊張した事はないというくらい。心臓の鼓動が痛い程だ。6Lap目くらいでかなりしんどくなってコーナーでミス連発。7Lap目もミスしまくり、パラボリカではみ出してMRさんに抜かれ、芸者さんとバトルになる。接近戦になって、やっと落ち着きと集中力が戻ってくる。8、9Lapの2周の間抜きつ抜かれつだったが、10Lap目の1コーナーで接触してしまい、ガードレールに突き刺さり、ジ・エンド。4台に抜かれ、9位でチェッカー。

3回目の9位でランキングも9位転落。残り2戦も9位目指して頑張っていく所存である。優勝したtibiboboさんおめでとう。来週もNewWinnerが誕生するのだろうか。鯖のHirameさんも乙でした。

2chgp5thMonza


CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 第9戦 Monza 直前

2007.03.17
残すところあと3戦となった2chGP5th。その中で割と得意なコースはMexico。苦手なのがWatkinsGlen。Monzaはどちらとも言えないですが、あまり得意では無いコースです。

コーナーが少なくコース幅が広めなので、初心者向きみたいな事を言われますが、攻めようとすると結構奥の深いコースで、タイムアップには理想的なラインをトレースする事が求められる上、ブレーキングポイントをなるべく奥に取るために旋回ブレーキングを極める事が必要。コーナーといえるコーナーが実質4つ(クルバグランデ、レズモ2つ、パラボリカ)しかないため、一つ一つのコーナーの重要度が高くなる。そういう事で、ごまかしの利かないコースであると言えます。

開幕戦の頃は、このコースだけはEagで行こうと決めていたんですが、結果的に第8戦までずっとFerを通してきて、Silverでは私だけだったりで、段々Ferにこだわりが出てきた為、今回もFerで行く事に。

FerはTB2で使っていた車種なので、Monzaでのレースは2度目。その頃は29秒台がやっとでしたが、28秒中盤くらいで周回出来るようになり、木曜には初めて28秒を切れました。マルチで走ってると、レースごとに調子が良かったり悪かったりするので、正直言って本番は全く自信ないですが、1ポイントでも取れればいいかなと思います。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 5th 第8戦 Mosport

2007.03.13
NBでもTBでも、タイム的には割と良かったので油断してたら、月曜に練習開始した時にはまともに走れず、まともに走れた周も22秒台どまり。TBの時でもコンスタントに21秒台で走れたのに、これはまずい。という事でまじめに練習。レコードラインをTBの予選タイムのものに置き換えて、ようやくまともに走れるように。しかし20秒台は出せず。

そんな感じで予選開始。その直前の接続テストで20秒台が出た。幸先良いスタート。予選でも順調な走りで、PBとなる1分20秒7が出た。TBの時も予選で始めて21秒切れたのだった。PPはDFGさん、2位は芸者さん、3位が私。NB2006を思い出す顔ぶれ。4位にはHirameさん。波乱の予感。

レーススタート。スタートはうまくいって、2位の芸者さんと並びかけますが、その芸者の兄貴がスタート直後からピクピクカクカク。そのまま1コーナーに入るが、

飛んで飛んで飛んで


兄貴!飛んでますぜ!

そして2コーナーへ続くストレートでついに

道なき道を行く


コース外にワープ!そのまま消えます。と思ったら現れます。

この状態で周回するの怖いよ~、と思ってたら2コーナーの下りで事故発生。

左に行けば…


なんとトップのDFGさんが単独スピン。私はこの時てっきり芸者さんのラグアタックかと思ったんですが、どうやら違ったようです。成すすべの無い芸者さん。少しは成すすべがありそうな私。しかし、

赤と青と緑で光の三原色トリオ


Nurに続いて判断を間違えました。アウト側に避けようとしたんですが、結果的に芸者さんと並んでDFGさんへ一直線コース。そして、ドカーン。

なんと1周目2コーナーで上位3台が消えるという珍事。そして3人でコース脇で集会を開いている間に、予選4位のHirameさんが一気にトップに躍り出ます。実況が東海テレビの鈴木アナだったら、どれほどの絶叫だったでしょうか。

DFGさんと芸者さんが仲良くひっくり返っているのを横目に、コースへ復帰。しかしいざコースへ復帰したはいいが、後ろからレーシングスピードのtibiboboさんがかっとんで来て焦りまくり。

クロスライン


何とかtibiboboさんがうまくかわしてくれて、事なきを得ました。tibiboboさん、ありがとう!こうしてtibiboboさんの後ろにつけ、15番手で復帰。いつもなら最下位パターンだっただけに不幸中の幸いか。

2周目。2コーナーでYuniさん、3コーナーでDelicoさんがコースオフで13位。前のtibiboboさんがthiさんの真後ろにつけて、ヘアピン進入でthiさんがアウトにはらんだ隙を突き、インからパス。

つい魔がさして


ここでちょっとお調子に乗ってしまった私は、「私もいただいちゃおうかなぁ。」とばかりにイン進入。

飛び込んでしまった


はい、いくらなんでも無理ありすぎです。

琢磨もこういう事するよね(失礼)


これは酷い。

thiさんごめん


若気の至りということで、thiさん何卒お許しを。

19位で復帰しましたが、後ろには20位のTREADさんがまさに追い抜かんとばかりに迫ってきています。やっぱり最下位なのね、これが私のレースなのね、と思ってたら、そのTREADさんが突如減速。なぜかは分かりませんが、とりあえず19位で2周目を終えます。

3周目。前方にはDelicoさん。ここからしばらくDelicoさんとバトル。うーん、序盤でこの展開は、何となくシルバーを思い出します。そしてすかさず今日の初手上げ。

シルバーの再現


うん、やっぱこういうのシルバーで見た気がする。途中DFGさんがコースアウトしてたので18位で3周目終了。

4周目。Delicoさんと引き続きバトル。バックストレートエンドで、ROT君とYuniさんがコースアウトし、16位。

5周目。2コーナー進入でDelicoさんが前のthiさんのブレーキングに間に合わず、不運な接触。1周目を思い出す展開ですが、今回はうまく避けられ14位浮上。

Delicoさん不運


6周目。始めて前に誰も居ない状態の周回。2コーナーでmujinaさんがコースアウトしていたので、13位浮上。

7周目。今度はSinさんが前方に接近。ヘアピン手前で挙動を乱し蛇行するSinさん。間一髪で回避。

ギリギリセーフ


どれくらい間一髪かというと、

超ギリギリセーフ


うひょー。Sinさんもアウト側に回避してくれました。12位浮上。

8周目。何事も無いラップで21秒1で周回。

9周目。前方に久々にtibiboboさんが見えてくる。しかし速いので追いつくのは容易ではない。バックストレートエンドでokadaさんがコースアウトし11位浮上。

10周目。ひたすらtibiboboさんを追う。少し近づいてきた。

11周目。1コーナー立ち上がりでtibiboboさんがラインを開けてくれた。

Fer同じみチームオーダー(違)


こ、これは…譲ってくれたのだろうか。今年のNBだというのにFBevoさんのような余裕を持つtibiboboさんであった。10位浮上。

12周目。毎度おなじみgoudaiさん現る。またもやシルバーっぽい展開。もうこれは挨拶せずにはおれません。

お馴染み


ところでこのたびgoudaiさん、栄転で本土復帰されるという事で、レース前はその事でひとしきり盛り上がったのでした。それをふと思い出した私。それにtibiboboさんに譲ってもらったという事で、気持ち的にレースモードが抜け気味だったのもあって、「そうだ、栄転祝いという事でポイントをプレゼントしよう」とか生意気な事を思いついてしまうw。

そしてしばし後ろからgoudaiさんの走りを観察。驚いた事に過半数のコーナーでスピンしそうになってるのに、結局一度もスピンしませんでしたw。

この体勢からリカバリー


これでスピンしないとは!まさに根性の走り。対馬の荒波に揉まれただけの事はあります(意味不明)。私なら間違いなくクルンと回ってます。この走りに敬意を表し、手上げしまくりw。

栄転おめ!


っとそんな事をしている間にファイナルラップ。気がつけば後ろにはDFGさんがものすごい勢いで接近。

何かが起こる


うーん、やばい。DFGさんは私を抜きたいはず。しかし私はgoudaiさんに出来れば5位に入ってもらって、「栄転だけに8点だね」とかどうしようもないダジャレを言いたいが、さすがにそれは無理そうなのでせめて8位で、栄転の栄の部分だけでも、とか走りながら考えていたわけです。レース中に何やってるんでしょう私。

そういう事で、ドキドキしつつヘアピン進入。しかし、そこで見たものは

ど、ど、ど、どうすんべ


うわぁぁぁ。起きて欲しくない事が起きてしまった。オーバースピードでアウトに膨らむgoudaiさん。これはどう考えても抜くしかないシチュエーション。2周目のthiさんの時とはわけが違います。しかし頑なに「8位goudaiさん」ネタに固執し、アクセルを踏むのを躊躇う私。後ろのDFGさんは、もう後ろというよりは横にいて抜こうとしている。

板ばさみ


この意味不明な板ばさみ感w。ファイナルラップだし、絶対に抜きたいDFGさんがいる以上、これ以上もたつく事は出来ない。しかし時すでに遅し。

だめぽ


goudaiさん普通にコーナリング中w。もうだめぽ。

あいやー


追突。幸いgoudaiさんはそれ程痛手もなく復帰。しかし、その後DFGさんにあっさり抜かれた模様w。

たそがれ中


企みが失敗した挙句に順位を落とし、ひとりヘアピンに佇む私。

そしてゴールの瞬間。

今シーズン最低順位で堂々のチェッカー


ひとり相撲に終わったレース。しかしとりあえず1ポイント取れてガッツポーズ。Hirameさん優勝という快挙に、レース後は祝福の輪が広がる。が、そんな中で私はただひとつのダジャレを言いたいが為に3ポイント失ってしまったという己の間抜けぶりに、苦笑する他無かったのであった。

ともかく、Hirameさんおめでとうございます。私の初優勝もここでした。ここは何かが起こるサーキットですね。

CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 開幕戦 Kyalami ムービー到着!

2007.03.12
待ちに待って待ち焦がれて、ついにNulupo巨匠のムービーが公開されました!
その内容は…

やってて良かったGPL。
勝てて良かった開幕戦。

家宝にします。ありがとう、Nulupoさん。

ダウンロードはこちら↓
http://legends.rocket3.net/twochgp/mt/2007/03/post_17.html
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

2chGP 5th 第7戦 Nurburgring

2007.03.05
このどうしようもないグダグダレースを振り返る気があまりしなかったのですが、懺悔したい部分もあるので少しだけ書きます。

このレース一番の敗因は、誘惑に負けて予選走っちゃった事。直前レポで「走らない」と決めたのですが、いざ予選始まると何もする事がなく、チャットも見れないので暇を持て余してしまい、「ちょっとだけならいいか。」とつい魔がさしてしまいピットアウトしてしまったのが運の尽き。

最初の方はかなり手を抜いて走っていたのですが、そこはNurの魔力というか、走ってるうちにノってきてしまい、2周目は普通に走って気付いたらPB出てたw。Nurで一番いいタイムが出るのは集中力が一番高まってる2周目であることが多いんですが、今回もそんな感じでうまい事走れてしまったわけです。

そして、案の定予選が終わった時点で集中力が途切れてしまい、レースは散々なものに。ボーっとしててブレーキング忘れてたり、間違ってニュートラルに入れてしまったり、どうしようもないミス連発。オマケにエンジンがボフったりして、9位に入れたのが信じられないようなしょうもない走りでした。

いろいろやらかした中でも一番申し訳ないのが、1周目のミス。

一瞬の選択

選択ミス

選択の結果

オチ


ZZZさんごめんなさい。

来週はモス。NBで優勝してTBではスタートでボフった思い出の地。

CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

2chGP 第7戦 Nurburgring 直前

2007.03.03
やってきました初めてのNur公式レース。ここは頑張って練習してタイム縮めようって気が起こらないコース。だってちょっと気合入れたりブレーキングポイント遅らせるとコースからはみ出してその周はアウトですから。って事でひたすら安全運転で一周大きなミス無く帰ってきて、とりあえずのタイムを出す。それが結果的にいいタイムだったりすればラッキー。そんな感じですね。

しかし練習は一日3周が限度。それ以上は集中力が途切れてミス連発なのです。本番では敢えて予選走るのやめようかなと。スタート1コーナーで何かありそうだし、何か無くても例によって1周目でしくじって最下位になるかもだし、予選の後すぐ本番だからレースの最後まで集中力が持たないかも。4thだとBarchettaさんが予選Notimeから決勝で3位くらいまで行ってたみたいだし、敢えて予選走らなくてもいいかなぁと。同じ事考えてる人結構いそうだけどw。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。