ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2chGP 5th 第6戦 Silverstone

2007.02.26
インフルエンザに見舞われた主催者Nullupoさんが欠席する中、シーズン折り返し地点となる第6戦シルバーストンが開催。前戦では予選5番手という好位置からスタートしたにもかかわらず、スタート後2コーナーでミスし最下位転落という、実に嘆かわしいレースでした。その前のスパも1Lap目で最下位まで落ち、追い上げるというレース。開幕戦Kyalami以来転落し続けるランキング。ここらで一矢報いたいところです。

予選は順調に行き、26秒台に入りました。26秒台は練習でも出るときと出ない時があるくらいだったので、本番で出せたのには大満足。しかしそれでも6位スタート。さすがつわものが揃ってるだけあります。

しっかりと燃料搭載量を確認し、早めにグリッドに着く。何事にも慎重な私は、1回ちゃんと積んでるのを確認しても、ついもう2回くらい確認してしまうw。

グリーンフラッグが振られ、レーススタート。

紅一点


今日はフェラーリは私だけ。まさに紅一点。

1コーナーは何事も起こらず。しかし事件はその後のストレートで起こった。

2位DFGさんに並ぶはHonのneGcoさん。後ろには虎視眈々とRecoさんのCovが。

DFGさんに襲い掛かるneGcoさん


しかし諦めて一旦引き、2コーナー進入のためラインに戻るneGcoさん。その動きに驚いたのか、コースをはみ出すRecoさん。

ここから連鎖反応が始まる事に


そしてコースに戻ったRecoさんが、今度はCFさんのBRMをインに押し出す形に。

接触を避けようとするCFさん


イン側の縁石に大きく乗り上げて姿勢を乱すCFさん。すぐ後ろにはCovのBarchettaさんが。逃げて~!

2周目に同じような形で事故る事になるとは知る由もない私


しかし車は急には止まれない。敢え無く接触するCFさんとBarさん。無事通過する私。

悲運のBarchettaさん


その後Recoさんの後ろに着けた私は、アビーコーナーでコースアウトしたRecoさんをパス。4位浮上。

Recoさんをパス。この時がピークだった…。


Spa、Rouenの悲惨な1周目に比べ、なんて順調なんだろう。もしかして今日こそはいけるのか!

と思いつつ入った2周目に落とし穴が用意されていたのだった。

2位DFGさんと3位neGcoさんが並んで1コーナーに進入。アウトに膨らんだDFGさん。


微妙に譲り合いの空気を出してしまった


今見たらここで接触を恐れ、アクセルを緩めてしまったのが運の尽きだったかもしれない。DFGさんの真後ろについて2コーナー進入。立ち上がりでスリップ気味のDFGさん。かなり接近。その後ラインがクリアに。これなら接触はしないはず…。

この距離だったら接触は無いと考えてたが甘かった


が。

ブレーキはいつもより手前で踏んだのですが…


ありゃ。

ここの縁石は引っ掛けてしまったが最後


「ザーボンさん!ドドリアさん!こんな美しい花火ですよ!」

スピンするしかありません


あぼーん。

ここでズルズルとブレーキを踏まずに動いてしまったのがまずかった。


第1犠牲者のZZZさん。

こういう場合じっとしていなくてはいけないが、コース外に出ようと焦ってしまった


第2犠牲者のmujinaさん。そして、

皆さんごめんなさい


修羅場と化すベケッツ。

Barchettaさんの道を塞いでしまった。反省。


最後の犠牲者Barchettaさん。

被害をこうむった皆さんどうぞお許しを。利益を得た皆さんおめでとうございますw。

このアクシデントで足がやられてしまった私は、ハンガーストレートエンドでスピン。

誰にも当たらなくて良かった。


Shift+Rで復帰し、見事最下位転落。ショボーン。

「Ah、レースってうまくいかないものね。思えば私の人生のようだわ。最初の方で転落し、頑張って追い上げる。それが私の宿命なのね。」

と独り呟き、走り出したのでした。

失意の2周目を終え、3周目突入。そこにはホームストレートエンドで静かに佇むボフったCovの姿が。間違いなくこのレース最大の悲劇のヒーローであるBarchettaさんです。そしてピットアウトするokadaさんの姿も。

ちょっとかっこいい


前方には珍しくHonを駆るHirameさんの姿が。ハンガーストレートでオーバーテイク。3周目を終え17位。

ここで手上げしとけば良かった


4周目。Delicoさんを追いかける。ハンガーストレートでコースアウトしているmujinaさんをパスし16位。

mujinaさんさっきはスマソ


Delicoさんの後ろに接近し、手上げ。

ここでふと思った。「そうだ、今日はせめて手上げチャンピオンだけでも取ろう。」

マイコントローラはXBOX360パッド。手上げボタンは右スティックのボタンに設定してある。同時に右スティックには上方向にクラッチが設定してある。よって手上げしようとスティックを押すと、時々手が滑ってスティックを傾けてしまい、クラッチが切れていきなりエンジンが吹け上がったりする。また、右手親指は常にギアチェンジのために他のボタンに据えてある。よって、私にとって手上げとはかなりリスキーな行為である。それでも、レース中大胆に前を譲ってくれるバックマーカーには敬意を表して手上げする事にしている。といっても、バトル中など特に操作に集中している時は無理である。ちなみにそんな危なっかしいところに設定しているのは、そこしか空きが無かったためである。

という事で、普段はめったに手上げできないから、今日こんなところで走ってる時くらいたくさん上げてみよう、と思い立ったのであった。よって、決してイライラしてるから上げまくったわけではない事をご理解くださいw。

で、早速Delicoさんの後ろで手上げしてみたところ。

もうちょっと高く手が上がらないものか…


5周目。ハンガーストレートエンドでDelicoさんをパス。コースアウトしてたZZZさんも同時にパス。これで14位。

ダブルオーバーテイク


6周目。前方にはバトル中のgoudaiさんとthiさん。その前にはTREADさん。

シルバーはバトルがいっぱい


その後最終コーナーでthiさんとTREADさんが絡みコースアウト。12位浮上。

結構激しい接触でした


7周目。この周からgoudaiさんとZand以来のバトル開始。テールトゥノーズ、サイドバイサイドの接近戦が続く。ここで手上げ回数をかなり稼ぐ。前述のボタン配置のせいでシフトミスしまくりながらも必死で上げまくるw。

2周にわたる好バトルを展開


8周目。バトル継続。しかし気付いたらokadaさんがすぐ後ろまで迫ってきていた。

Honに慣れてきたのか、6戦目にして速さが増すokadaさん


ベケッツでコースアウトしていたSinさんをパス。

NB同期のSinさん


そしてクラブコーナーで、思い切ってgoudaiさんのインに入りブレーキング競争。goudaiさんをパス。10位浮上。

ブレーキング競争


9周目。前のROT君とは約7秒差。残り周回数はあと4周。交わせるかどうか微妙だが、とにかく27秒台でプッシュしまくる。

11周目。ついにROT君が射程距離に入る。そしてベケッツでミスしたROT君を見て、ここしかないと思い切ってチャペルでアウトからのオーバーテイクを試み、成功。9位浮上。

ROT君をズバっとパス


ファイナルラップ。前のCFさんとは約14秒差あり、追い上げもここまで。9位でチェッカーを受ける。

おっさん足!足!


とりあえずシングルフィニッシュは出来たものの、レースはなかなか思い通りにはいかないというのを痛感。

まあ、最下位から追い上げて何位までいけるかというレースも悪くはないけど。

次戦はNur。長いコースだけあって、実力によって大きなタイム差が出るコース。という事で、あまりバトルは無いかも。お祭り気分で参加したいと思います。

参加した皆さん乙&Thxでした。

MRさんに見事に炸裂した昇竜拳


スポンサーサイト
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 第6戦 silverstone 前日

2007.02.24
早いもので、2chGPも折り返し地点までやってきました。初戦以外は全てフルグリッド、毎戦中身の来いレースが展開され、5thシーズンは今のところ大成功と言えるのではないでしょうか。

さて、第6戦はシルバーストン、通称銀石。NBやTBでは走っていないコースですが、11月の後半にEOLC鯖で銀石レースが盛況だった時に、Lotで結構参戦してました。コースはアップダウンの激しかったSpaやRouenとは一転して、平坦でコース幅もそれなりにあります。なので、結構バトルもありつつ、楽しいレースになると思われます。

コソ練では27秒前半でコンスタントに走れるようになりましたが、今日マルチで走ってみたところ、バトルやミスなんかでなかなか安定してラップするのが難しく、明日もすんなりとは行きそうにありません。前戦のように最後尾まで落っこちたりする可能性も考えられます。という事で、例によって結果は期待せず、レースを楽しみたいと思います。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 5th 第5戦 Rouen

2007.02.19
見事に前日に予想したとおりのレース展開となり、嬉しいやら悲しいやらの第5戦Rouen。

・ポイントその1

「予選で56秒台、レースで57秒台でコンスタントに走れればいいな」

・ポイントその2

「今回はシングルグリッド&シングルフィニッシュ狙いたい」

・ポイントその3
「このコースはレースが難しい」
「前車の後ろにくっついて走るとブレーキングポイントを見失いやすい」

この辺を踏まえて早速レポ。

まず予選。走り出しはなぜか異様に緊張して、変に親指(ステア操作)がヒョコヒョコ動いてしまい、タイム出ずに焦る。これはまずい、という事で一旦ブレイク。期待を捨て、諦めモードに入り、緊張が抜ける。そして56秒4で5位グリッドゲット。ほぼPBに近いタイムが出せた。にしてもこのタイムで5位というのは驚いた。もうちょっと55秒台の人がいるかと思ってたので。

そしてレース。こんな前でスタートするのは久しぶりだなー、と思ってまたちょっと緊張。グリーンフラッグが振られスタート。いいスタートが切れたが前のneGcoさんを抜くまでには至らず。背後に付ける。しかし第2コーナーで「ポイントその3」が発動。ブレーキングポイントを誤り、慌てて3速のところを2速まで落とすが、neGcoさんがどんどん目前に迫り、若干ヒット。そしてコースオフ。

5位から最下位転落の瞬間


ああやってしまった。あれほど2コーナーは注意しろと言ったのにお前って奴は。ここからスパと同じような展開に。当然全車に抜かれただろうと思って、ヒョイっとコースに復帰したら、後ろからやってきたokadaさんに抜かれる。危ないところだった。

赤鉛筆危機一髪


これで1周目2コーナーにして最下位転落。まっ逆さまに堕ちてデザイア。Yuniさんが回線落ちだそうで19位となります。ちなみに最初に最下位になったのはさっき後ろから来たokadaさん、2番目の最下位が私、そして1周終わった時点での最下位、つまり真の1周目最下位は、なんと2位スタートのDFGさんでした。

復帰後すぐステアが曲がってるのに気付き、とりあえずヘアピンまで行ってみる。そこには左側の縁石でもがくtibiboboさんの姿が。そして私も満を持してShift+R。tibiboboさんの後ろで再び走り出す。

最下位でもがくFer2台


しばらく走ると、左90度コーナーの先で、どうやら惨事があったらしく、復帰するマシン達と合流。Treadさんを先頭として6台のビリ集団結成。

タイヤが転がる事故現場


高速右コーナー出口あたりでZZZさんが止まっているのを目撃。これで最下位ともおさらば。バックストレートエンドで、ブレーキングポイントが違うtibiboboさんと当たりそうになるが、何とか回避。

赤い2台が並んでコーナー進入


その後、右90度でコースアウトし巻き込む形でコースインするDFGさんを、すんでのところでかわす。こうして波乱の1周目を16位で終了。

スレスレもいいところ


2周目。tibiboboさんの真後ろを走っていると、コースアウトしてスローダウンしているSinさんをパス。tibiboboさんをかわそうとしていたところで現れたので、ちょっとドキっとする。

バックストレートエンドのブレーキングでtibiboboさんをパスする。が、ミラーでチラッと赤い車がコースオフするのが見えて、もしやtibiboboさんをコースアウトさせたか、と思って焦るが、後で確認したら単独でコースアウトした赤いCovのm2さんだったw。2周目終了で13位。

右の赤いCovに気を取られた


3周目。前はROT君。ところがそのROT君、3コーナー立ち上がりでコースをはみ出しスピン。微妙に嫌な予感がしたのでちょっとアクセル緩める。

うわぁぁぁぁ


予想どおりコース上で復帰。接触は避けられたが、しばらく引っかかる。しかし次のバックストレートエンドでパス出来た。

ズバっと


4周目。始めて何事も無いラップ。12位走行。

5周目。目の前にissyさん。途中で止まってるokadaさんをパス。そしてバックストレートエンドでissyさんもパス。5周目終了で10位。

これはいいオーバーテイクポイント


6周目。ヘアピンでスロー走行しているgoudaiさんをパス。9位。

第3戦でお世話になったgoudaiさんをパス


7周目。前車はmujinaさん。左90度の先の右コーナーでコースアウトしたところをパス。8位。

mujinaさんをパス


これで前車がBarchettaさんとなる。同じようなタイムで走っている為追いつけず、このままレース終了。

この距離はもうだめぽ


前がクリーンな時はほぼ56秒台でラップでき、予選5位、決勝8位と、シングルポジションで終えられたのは良かったですが、つくづく1周目2コーナーのミスが痛かったなぁと。まあレースにたらればはありませんが。2コーナーが無事でも左90度先の大惨事に巻き込まれたかもしれませんしね。とりあえず目標は達成できたし、後ろから追い上げてたくさんオーバーテイクが出来て楽しかったです。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 第5戦 Rouen 前日

2007.02.16
今週のRouenは、Spaと違って練習無しじゃまともに走れ無さそうなので、練習してみました。結果、単独では割とコンスタントに走れるようになり、以前Lotで出したPBをFerで更新できたので、成果が出てるようです。一応予選で56秒台、レースで57秒台でコンスタントに走れればいいなと思います。最近は予選も決勝も10位とか11位とかだったので、今回はシングルグリッド&シングルフィニッシュ狙いたいところです。

しかし、ここのコースはレースが難しい。今まで何回かマルチで走った事ありますけど、10台足らずでも結構ガッチャンガッチャンぶつかってました。それが20台となると、スパ以上に凄い事になりそうな予感。ちょっとAIと走ってみた限りでは、前車の後ろにくっついて走るとブレーキングポイントを見失いやすいのと、特にヘアピンのブレーキングポイントが合わなくてオカマ掘ったり掘られたり。ああ、本番おそろしや。

まあ、運を天に任せて、頑張ります。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 5th 第4戦 Spa

2007.02.12
楽しい楽しい2chGPのお時間がやってまいりました。今回はスパ・フランコルシャンでございます。予選が始まるのが11時。食後から10時半まで寝てしまい、本当は50分くらいまで寝ていたかったのですが、某氏のように寝過ごしてしまう可能性があったので、諦めました。そんな事で寝ぼけた状態で挑んだスパ。かなり楽しい事になりました。

まず予選では、かろうじて19秒台を出して12位。前戦と似た様な感じです。これからはずっとこんな感じなんでしょう。

で、決勝スタート。スタートで11位のHirameさんをパス。このHirameさんが今回のキーパーソン。

その後のオールージュ。うお、遅いぞ。2速でいけそうなくらい遅い。皆慎重です。前のm2さんにオカマ掘らないよう気をつけます。しかし前に注意が行っていて、後ろのgoudaiさんのラインを微妙に閉じてしまった模様。すまそ。

goudaiさん視点


スタートオールージュが遅かったせいで、何となく前車に合わせたドライビングになってしまい、直後のストレートでHirameさんにぶち抜かれます。その後もm2さんにぶつからないように、という事でしまりのない運転をしていたら、ボーネンビルでアウト側の藁に刺さってしまう。

ボーっとしてたので


この後全車に抜かれ、最下位。早くもレース終了か、と思いつつ復帰します。これでだいぶ前とも離れてしまい、当分追いつかないだろうと思って、完全に油断してました。


--連続写真で見る、マスタ多重クラッシュ

280km/hで立ち上がる超高速コーナー、マスタ。2本の下り勾配ロングストレートを繋ぐコーナーで、ここで一旦勾配がなくなるので、視点が低いと出口からは先の見通しが悪い。

接触1.2秒前。この時点では、前方の事故に全く気付かず。

1.2秒前

接触0.9秒前。何かがあるのに気付く。

0.9秒前

接触0.6秒前。マシンが止まっている事に気付く。「やばい!」心臓が飛び出そうになる。

0.6秒前

接触0.3秒前。あわてて回避行動に出る。

0.3秒前

が、時すでに遅し。

もうだめぽ

MentamuさんのLotに激しく接触。勢いを維持したままRot君のHonに向かって吹っ飛ぶ。

ごめんよMentamuさん

Honにジャストミート。

Rot君もごめんよ

高速回転しながら右側のコースサイドに激突。

ゴン

反動でコースへ。

アーレー

そこには復帰して走り出したばかりのRot君がいた。再度ジャストミート。

ピンボール状態

Rot君、2度もスマン!

そしてオマケに後ろから復帰してきたMentamuさんと再度激突。

だめだこりゃ

以上、マスタですた。

--

20秒ほどマスタで遊んでしまい、1周目にしてトップとは1分近くの差となりました。これで完全にレース終了か。しかし、ここから追い上げ開始。ブランシモンでコースアウトしたmujinaさんをパス。これで18位。前方のRot君を追います。しかし、そのRot君がラ・キャリエール手前のライン上で止まっていたDelicoさんに激突。私は激突を免れ、16位にジャンプアップ。

道が開けた


その後のブランシモンでスローダウンしていたYuniさんをパス。15位に上がります。そして前方にHirameさんが見えてきて3周目突入。頑張ってHirameさんを追いかけますが、レコームを曲がっていると、突然ライン上に止まってるマシンが。慌てて回避しますが、体勢を崩してスピン。

今回は危機回避成功


無事復帰で14位。そして背後には数少ないXBOX360コントローラー使いの同士、Yuniさんが迫ります。

ひたすらHirameさんを追い続けて4周目突入。ボーネンビルでボフったgoudaiさんをパス。そしてマスタでクラッシュしたneGcoさんがリタイア。これでついにポイント圏内。

Hirameさんがthiさんをブランシモンでパスし、5周目突入。thiさんを抜きあぐねていましたが、ボーネンビルでイン側からパス。

華麗にパス


再びHirameさんを追いかけます。が、時すでに遅し。最終コーナーで接近するもチェッカーが振られ、レース終了。

ゴール


最後までHirameさんを抜けなかったのが残念ですが、1周目の惨事からポイント圏内まで追い上げられたのでよしとしたいと思います。それにしてもマスタはホントにびっくりしたなーもう。

最後はRouenでの健闘を誓い、K点越えジャンプで締めくくり。

高いところからではありますが、来週までアディオス!


鯖担当Delicoさん、主催者Nulupoさん、参加者の皆さん、お疲れさまでした。

CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 第4戦 Spa 直前

2007.02.10
とうとう今週1回もGPL起動しなかった…。
という事で順位は期待すべくもありませんが、
前戦同様楽しいレースが出来ればいいなと思います。
目標は3分20秒で安定周回。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 5th 第3戦 Zandvoort

2007.02.05
第3戦ザンドレポです。その前に、この1週間GPLを離れ、Test Drive UnlimitedとLevel-Rの両ベータテストをやってました。TDUはレース以外の部分でそれなりに楽しめたのですが、期待してたLevel-Rのでたらめぶりに落胆した私は、このザンドを走っている時、やはりこれが自分の求めているレースだ、と実感したのでありました。

それはともかく、KyalamiとMonacoに比べて全然走りこんでなかったのは、TBとNBでレースした経験があるというそこはかとない安心感があったというのもありますw。しかし、予選が始まると皆恐ろしく速い事に気付いて、走りこんでおけば良かったとちょっと後悔。24秒台のオンパレードにビビリます。レベル高すぎです。BRMで24秒9という恐ろしいタイムを叩き出したCFさんが11位です。あり得ません。しかし、なんと言っても一番のサプライズは、23秒2でPPを取ったHonを駆るROT君でしょうw。思い返せばTB2ndザンドのB鯖で起こった不可解な事故といい、ザンドは何か魔物が住んでいるようです。

そんな私は25秒7と、とりあえずTBと似たようなタイムが出せて一安心。グリッドは20台中13番手。グリーンフラッグがはるか彼方に見えます。おかげで旗に集中できました。w

でもってレーススタート。旗は素早く振り下ろされますが、うまく反応できていいスタート。TBの時もこんな感じだったなぁ、と思いつつ12位のDelicoさんをパス。11位のCFさんのインに並びます。1コーナーでCFさんをパス。10位のDFGさんもパスし、10番手浮上。先頭のROT君がラグか何かでスピンしたようで、1コーナーで9位まで上がりました。なかなか幸先いいスタート。

後方では事故も


しかし2周目の1コーナーでやってしまいました。ブレーキの踏み方が甘かったか、それともオーバースピードか。止まりきれずコースアウト。スピンはしていないのですぐ復帰できたはずなのですが、次から次に来る後続車の邪魔になったらまずい、と思いながら復帰するタイミングを逃しまくり、コース脇で「入ろっか止めよっか考え中♪」状態でウロチョロし、挙句の果てにクルクル回る始末w。これはNBのスタート1コーナーでコースアウトした時もやってました。進歩ゼロw。結局Delicoさんが過ぎてようやく後続が途切れ、コースに復帰。これで9番手から17番手まで一気に順位を落としました。\(^o^)/オワタ。

早く復帰したーい


しかし今日はいつもと違います。GPLでのクリーンなバトルを心から楽しんでいます。なぜなら、Level-Rのぶつけあってなんぼのレースのあまりの酷さにがっかりした直後だったからです。どれだけいいパーツを装備しているかが重要で、手段を選ばず、いかに首尾よく相手を打ち負かすかというのは、自分にはレベルの低い争いに感じてしまいます。GPLでのレースは、そういうレベルではありません。マシンの種類こそあれ、同じマシンであればイコールコンディションであり、そもそもきちんとコースを周回出来るという事だけでもかなりの練習が必要で、それを使ってレースをして、しかも相手に当てずに、というのは、単なる気晴らし憂さ晴らしに過ぎないそういったレースゲームとは次元が違います。プレーヤー同士にもある種お互いを尊重しあうような面があって、大げさに言えば騎士道精神のようなものがある。Level-Rは、レースとは名ばかりの、実際は他人=敵を倒すアクションゲーム。GPLのそれは文字通りレースであり、自分との戦いのような気がします。スポーツってそういうものですよね。

っと脱線してしまいましたが、そんな感じでレースを楽しんでいたわけです。17番手からいかに追い上げるか。前方にはDelicoさん。

しかし、3周目の1コーナーでまたしてもコースアウト。今度はハーフスピン気味。しかしすぐに復帰できて、大事には至らず。

そろそろ学習しようぜ


直後のヘアピンで、なんとRep3台が接触事故。隙間をうまく抜けてこれで一気に14番手に浮上。前はDelicoさんで変わらず。

仲良しレプコ三兄弟


4周目の1コーナー。今度は無事抜けていってループに差し掛かります。すると前方でDelicoさんがコースアウト。釣られて外へ膨らんでいってしまいますが、なんとかこらえ、13番手に。

釣られてスピン気味


この辺でちょっとポイントの事が頭をちらつき始めますw。こういうレースであっても、せめて1ポイントでもいいから取っておきたいところ。前方のokada氏は7秒程前にいて、肉眼では捉えられず。とにかくペースを上げて12位を目指します。

そんな中、7周目の中盤S字出口で、前方のokadaさんがスピン。あータイヤきつくなってきたのかなー、と思いつつも、自分もかなりきつい状態。ともあれ、これで12位浮上でポイント圏内突入です。

忍び寄る赤鉛筆


そして前方はgoudaiさん。今日の一番のバトルが始まります。8周目のループには至近距離まで接近。しかしザンドは意外と抜きどころが無く、1コーナーで抜くしかありません。ところがEagはストレートが伸びる。よって、1コーナーで抜くにはかなり最終で詰めないといけません。9周目1コーナーは抜ききれず、一旦ひきます。各コーナーでプレッシャーをかけていきますが、相手もさるもの。そう簡単にはミスしてくれません。10周目ホームストレートでも抜けず。スリップから出るとEagに少しずつ離されます。コーナーでふら付くところまではいきますが、スピンせずに踏みとどまるgoudaiさん。残り周回数はあと3周。

待て待てぇぇぇの図


11周目最終コーナー出口でgoudaiさんがふらつき、チャンス到来。しかしgoudaiさん必死のブロック。イン側ではなくミドルラインでブレーキング。微妙に当たりそうで怯んだ私は、アウト側にちょっとタイヤを落としてしまい、敢え無くコースアウト。

お世話になりっぱなしの1コーナーアウト側


これで闘志に火がつき、プッシュ開始。絶対抜いてやる、と思ってたら、12周目1コーナー立ち上がりでgoudaiさん単独スピン。コース上で見事なオーバーテイクを見せたかったところですが、残念な幕切れとなりました。

さらばじゃ


これで11番手。2ポイントゲットで思わぬご褒美。残り2周。5秒前方に10位DFGさん。しかし13周目1コーナーでピットアウトしたDelicoさんに急接近し、避けようとして単独スピン。

またしてもお世話になる


このままの順位でレース終了だな、と思ったら、ファイナルラップで9位に上がったDFGさんが不運なもらい事故でコースアウト。10位にポジションアップし、チェッカーフラッグ。

密かにコースからはみ出してる


序盤の17位後退から10位まで追い上げる事が出来、充実したレースとなりました。やはりレースというのはこうでなくちゃ。真剣にやり、マシンをうまくコントロールし、ライバルとバトルする。これらは実車を使ったレースにも通用する事だと思います。首尾よく狡猾にやったものが勝てるゲームというのは、ある意味現代の縮図のようにも見えます。しかしGPLは勝っても負けても、自分がやった事がそのまま充実感として返ってくる。練習したらその分だけうまくなるし、サボれば下手になる。うまく立ち回ることとは無縁のストイックさ、自分が魅かれているのはそこなんだと再認識できました。

脱線しつつ長文レポになってしまいましたが、やっぱりGPLは自分の中で最高のレースゲームです。主催者のNulupoさん、鯖担当のm2さん、参加された方Joinできなかった方、ありがとうございました。

CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

2chGP 第3戦 Zandvoort直前

2007.02.03
今日はザンドなわけですが、前戦モナコ終了から今日までTDU三昧。ザンドは10Lapほど走ったのみ。正直言って今回は捨ててますw。その10Lapもかなりボロボロ。完全に走り方忘れてます。1コーナーでお尻出まくり、スピンしまくり。後半は山登り。1回だけ辛うじて25秒台。あとは28秒とか32秒とかw。こんなに難しいコースだったっけ。とりあえずマイペースで走って完走したいと思います。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。