ウチデノコヅチ

とあるGPLerの個人的記録

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年を振り返る

2006.12.31
・病気
昨年暮れ、体調を崩す。それから3ヶ月間通院する事になる。9月頃には良くなる。

・熱帯魚
同じく昨年暮れ、十数年ぶりにアクアリウムを再開する。8月までは小さなインテリア水槽ひとつだったが、9月に3本新たに立ち上げ、今に至る。

・PC
4月に3年ぶりにPCを新調する。AthlonXP2000+→Athlon64 X2 3800+。アキバでIPSモニタを格安で手に入れる。手が千切れそうになりながら持って帰る。

・GPL
10月にコントローラーを購入。数年ぶりに再開する。マルチに初参加し、NB2006とTB2に参戦する。

・mixi
去年の暮れある事で知りあった人にmixiに招待され、始める。

・ブログ
mixiを始めた事で、去年始めたブログの更新をストップする。しかし10月に装いも新たに再開する。

・すぴこん
8月、初めてすぴこんに参加する。ここで見てもらった事が、その後とても役に立っている。

-総括
絶望的にしんどかった前半と、自分の興味を大事に出来た後半。

-来年の抱負
生き生き・伸び伸び・健やか
スポンサーサイト
CATEGORY : 雑記 TB : (0) CM : (0)

年末GP2006 in Sachsenring

2006.12.31
月日が経つのは早いもので、あっという間にTBも終わり、年末GP当日となりました。当日という事で、入念に走りこみ…は忙しくて出来ず、重タンで8Lap程度の確認走行に留まりました。38~39秒でミス無く安定してLapできました。一週間前よりはだいぶ安定して走れるようになったと思います。

そして本番。賞品説明でひとしきり盛り上がり、テンション上がってきます。その後鯖振り分け。IDが奇数と偶数で分かれるようですが、これはログイン順という事でくじ引きのようなもの。結果私は偶数鯖となりました。CF氏や芸者氏等、練習走行で速かった人達は奇数に行き、こちらはまったり出来そうな雰囲気。11台しかいないので、予選頑張ってスタートミスらなければ、自分のペースで走れそう。

予選開始。ここ最近ずっと重タンで走ってきたせいで、昨日カルタンで走ったら最初全然タイムが伸びず焦りました。その後練習して34秒台で走れる事を確認したので、今日もそれくらいを目標に走りました。最初の2、3周は最終コーナーに突っ込んだりミスもありましたが、予定通り34秒台を出してPP獲得。

いよいよレース開始。2番手はQ.Jack氏、3番手はDelico氏です。スタートでは絶対に前に出ないといけません。

グリーンフラッグが振られ、レーススタート!
うまくスタートでき、真っ先に1コーナーに飛び込んでいきます。ブレーキングポイントは練習時より手前にし、安全運転を心がけます。それは他車も同じ。従って徐々に後続を離し、ひとり旅になってきます。かなり慎重に走ってるつもりでも、タイムはそれ程悪くなく、41秒台から40秒台と周を追うごとにタイムアップ。そんな中、チャットメッセージには早くも「OWATTA」の文字が。早くも脱落者が出てきます。しかし、そんな脱落者のチャットに気をとられていると、コーナーが迫ってるのに気付かずブレーキングが遅れ、4コーナーでミス。

リタイヤを覚悟した瞬間

おわったーと思いましたが、奇跡的に無傷で復帰。練習時はここでミスしたらステア曲がってたので、ひやっとしました。以後チャットは断固無視する事にw。その後も安定して周回して行きます。ブレーキングは余裕を持って、いわばダラダラ走りを心がけます。タイムは39秒台に入ってきました。

しかし終わりはあっけなくやってきました。

黒いラインよりイン側に進入。底を打ち散る火花。 一気にスピン

終わった… 最後の悪あがきw

9Lap目の森区間へ進入する右高速コーナー。練習ではここでミスしたのは初期の頃だけで、ラインが分かってからわりと楽な部類のコーナーでした。そして数日前にこのコーナーの走り方についてチャットでROT氏にレクチャーしたばかりでした。ホワンホワンホワンホワワワ…

23:38 TOMS< ROT君ザクセンの走り方だけど
23:38 TOMS< 森に入る手前の右コーナー
23:38 TOMS< あれアウトインアウトで右車線?を使うとスピンしますよ
23:39 TOMS< あそこはアウト・ミドル・ミドルで行った方がいいです
23:39 ROT> なるほど・・・
23:39 TOMS< センターラインをなぞる感じで
23:39 ROT> アウトミドリミドルですね
23:39 ROT> ありがとうございます
23:39 TOMS< アウト・ミドル・アウトでもダメなんですよね
23:39 tibibobo> おっとこんばんは
23:40 ROT> そうなるとコースオフですからね

リプレイで見たところ、いつものラインよりほんの少しイン側+若干オーバースピード。底を擦ってしまい、一気にテールが出ます。必死でカウンター当てるも空しく、右側の溝に横転。タイヤはもげなかったものの、完全に横になってしまい、ステアを動かして起き上がろうとするも叶わず、リタイアするしかありませんでした。あっという間の出来事でしたが、ザクセンの手強さを改めて見せ付けられた気分です。

そんな難攻不落のコースを完走したのは、偶数鯖では何と主催者であるLEVINCARS氏のみ。奇数鯖では圧倒的な速さのCryingFreeman氏、昨年優勝のJ_ace氏、BRMで大健闘のRecoBre氏という、NB2004メンバー3人のみでした。このコースの難しさは高速コーナリングが多く、路面のうねりやバンプ、高低差も激しいというジェットコースター的な性質を持つ点だと言えます。その難コースを40周走りきるというのはやはり、経験が物を言うのでしょうか。この4人に拍手を送りたいと思います。そして主催者、参加者の皆さんもお疲れ様でした。

そして肝心の賞品!惜しくも獲得ならず。(T-T)

…と思ってたらひょんなことから7位のコードレスキーボードをゲットする事に。

2:28:03 | Deli娘> ではロジの無線セットは
2:28:18 | Deli娘> ↓この人にあげます!
2:28:22 | TOMS> okada
2:28:23 | TOMS> sann
2:28:24 | m2> おしゃ
2:28:26 | s.okada> なんとw
2:28:27 | LEVINCARS> www
2:28:28 | s.okada> wwwww
2:28:29 | m2> おそかった・・・
2:28:29 | 腰振りJack> ん?俺か、7位
2:28:30 | ZZZ> ktkr!
2:28:31 | FBevo> w
2:28:33 | Deli娘> tomsさんおめw

ここで凄い事実を発見しました。26日のチャットにこんな事を書いていたのです。

00:33 TOMS< 昨日今日スモークサーモン食ってカツオがちょっとどうでもよくなってきたw
00:33 m2_> ほっぺ甘噛みがあるもん
00:33 Geishaboy> m2さんごめんなちゃい
00:33 Delico> 3LAPくらいで半分以下になってる予感
00:33 m2_> イクラだと粒になるけど
00:34 m2_> 人口のイクラなら大丈夫だよね
00:34 TOMS< DelicoさんのコードレスKB狙いに変更 ←
00:34 m2_> ウニだめでもプリンに醤油で
00:34 m2_> プリンがあればプリン体いらず!
00:34 Delico> 電池のふたがないぜよ
00:34 nulupo> w
00:34 DrFeelGood> プリンに醤油やったことないんだけど、そんな味するのかな
00:34 m2_> 多分しないと思うw
00:34 TOMS< メンブレンですか?
00:35 m2_> アボカドに醤油ってのはやってみた
00:35 Delico> フツーのやつです
00:35 TOMS< おk
00:35 ZZZ> いや、プリンにしょうゆはガチですぜ
00:35 Delico> メカでもノートタッチでもないやつ
00:35 m2_> カルカンさんやったんですか
00:35 TOMS< メンブレンですね
00:35 TOMS< でもちょっとぬちマースにも惹かれるのだがw
00:36 DrFeelGood> さすがZZZ氏、食への飽くなき探求が
00:36 ZZZ> マンゴープリンに掛けたら大変なことに
00:36 DrFeelGood> め、メロン!マンゴー!どっちなんだ!
00:37 Delico> unk味のカレーみたいなもんか
00:37 ZZZ> アッーそれは今晩カレーだった俺への当てつけ
00:37 Delico> それはカレー味のunkだろw
00:37 ZZZ> ぇw
00:38 m2_> うんこ食ってるときにカレーの話するなよ!
00:38 Sin_cotton> ww
00:38 TOMS< カレーの話する時にうんこ食うなよ

カレー味の話はいいとして、何とコードレスKB狙い宣言していたのです!コードレスは7位の賞品で、私は10位くらいだったのにもかかわらず、7位のJack氏が英語KBしか使わないという事で辞退したのです。本当は主催者のokadaさんが何も貰っていない+9位なので、okadaさんと書いたのですが、なんか私に決定してしまったようですw。結果的にokadaさんにはJack氏からみかんが贈られる事になり、良かったです。1年の最後を、ステキなイベントで締めくくれて良かったです。GPLerの皆さんよいお年を。

ほぼ同時にボフったDelico氏も最後の悪あがき中w


CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

年末GPまであと2時間余りなわけだが

2006.12.30
これから水槽丸洗い+セッティング、買ってきたランプアイの水合わせ、水草水槽の換水をやらないといけないんだが、年末GPまでに終わるのだろうか…
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (4)

年末といえば大掃除

2006.12.28
年の暮れも押し迫り、大掃除も佳境に入る頃となりました。我が家も始まってますが、私にとっての大掃除は、水槽の大掃除なのであります。そんな事で本日は全水槽リセット計画の第1段階、水槽の引越しをやりました。今まではメタルフェルフの上段に水槽二つ、隣の棚に一つ、後ろの引き出しの上に一つという感じでばらけていたのですが、それらを全てメタルシェルフに集める事にしました。下段にあったPCは別の場所に移し、水槽の水を抜いてラックからどかし、ラックの棚の高さを調整し、また水槽を乗っけて水を入れるという感じです。そして、ランプアイ水槽の照明も新たに用意し、取り付けました。ただ、隣の棚にある水草水槽だけはまだやってません。これを動かすとなると、いろいろめんどくさいのでw。明日はランプアイ水槽用フィルター作りをする予定。
CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (2)

TeamBattle 最終戦 Mexico

2006.12.24
やりました。最終戦にしてようやく完走。連続リタイア記録を4で止め、全戦リタイアの不名誉を免れました。とは言っても、ポイントは取れず、Hondaは3人がポイント獲得。Hondaとの争いには負けました。

何としても完走。完走すればポイントは取れる、という監督の言葉。しかし体調を崩し、試走では指がプルプル震える中、この状態ではとても完走は無理だと悟り、予選は敢えて最後尾スタートを狙い、11台中10番手スタートとなりました。結果的にはレース中はいい感じで走る事が出来たのと、思ったより完走率が高かった事で、作戦は失敗したように思えますが、最初の数ラップを楽にいけた事が完走に繋がったとも言えるので、たらればは考えない事にします。

レースはA鯖と違いB鯖の方は無事に全車1周目を終える事ができました。スタートはほんとにゆっくりで、ストレートエンドで3速w。グリッドどおりの順番で1コーナーに入っていきます。polar氏の後ろで、これ以上ないくらい慎重に走りました。結果、5周目くらいでトップと30秒差に。さすがにこれは離され過ぎ。皆慎重に周回してるようで、棚ボタを狙っていた私は、それはどうやら無理そうだと気付き、一転飛ばす事にしました。

まずpolar氏が譲ってくれて、mujina氏をパス。goudai氏がボフり、Nulupo氏をパス。しかしその直後にスピンしてしまい、もう一度パス。Covは最終コーナーで後ろに着けられればストレートで抜けるので、最終までは我慢。Nulupo氏を抜いた後は前のQ.Jack氏までかなり差があるので、47秒台でひたすら飛ばします。残り5周くらいで見えてきて、残り2周でほぼ後ろに着けましたが、抜くには至らず。結局5位完走となりました。リプアナのグラフを見ても、2回のスピンと前車の後ろについた時以外は、トップとそれほど変わらないペースだった事が分かり、ちょっと残念ですが、よく頑張ったと思います。

元はTBを内側から観戦する目的で出場したのですが、結果的にはとても白熱したバトルが出来たと思います。Ferチーム監督FBevo氏、Ferチームの皆さん、ありがとうございました。そして主催者のs.okada氏、鯖担当のJack氏、ZZZ氏、RecoBre氏、その他運営の皆さんありがとうございました。参加者の皆さんも乙でした。

来週は年末GPという事で、今回の完走を契機として2時間の耐久レースを制して、カツオをゲットしたいと思います。ザクセン2時間だと、多分45周くらいになるでしょう。長いぞーw。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

しんどい

2006.12.23
これからTB最終戦なのですが、ちと風邪が悪化してしまい、何とか参加は出来そうですが、頭痛腹痛喉痛全身脱力状態で最後まで持つか分かりません。折角の最終戦なのに残念です。気合で頑張ります。
CATEGORY : 雑記 TB : (0) CM : (0)

TB最終戦メキシコ前日状況

2006.12.22
明日最終戦があるわけですけど。現時点での状況を一言で言い表すとすると、ごめんなさい。

昨日GPモードでレースディスタンスやろうとしたんですよ。そしたら2回やって最高で7周しか持ちませんでした。レースじゃなく単独走行でですよ。もうどうしようもないです。フェラーリ難しいです。

もし明日完走できたなら、まさに奇跡と言えるでしょう。ちょうどクリスマスも近い事だし、ひそかに期待しています。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

ビーシュリンプ全滅

2006.12.19
残念な事に昨日、最後のビーが死にました。そして、どうやらそのビーが抱えてた卵は無性卵だったようです。稚ビーは見当たりませんでした。という事で、これをもってビーシュリンプの飼育は終了となります。念のため水質を測ったのですが、pH6.0、軟水、亜硝酸も硝酸塩も検出されず、という事で、全く問題ありませんでした。なので、餓死だったのではないかと思っています。思い返せば、スピルリナも赤虫もあまり食いつきはよくありませんでした。次に飼育する機会があるとしたら、茹でたほうれん草や専用飼料も試してみたいと思います。でも当分はないでしょう。

エビ水槽になる予定だった「わたしの楽園midi」は、一応立ち上げて、旧エビ水槽の水草を一時的に保管する事にしました。そして旧エビ水槽は今後、「幻想」をテーマとし、卵生メダカ中心の水槽として生まれ変わります。現在生体・水草・レイアウト・機器等いろいろと計画を練っています。この期間が一番楽しい。

ちなみに放置中のミナミとヤマトは、みんな元気です。
CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (0)

NBノンチャンピオンシップ 最終戦 Mexico

2006.12.17
ついにNBノンチャンピオンシップも最終戦。

思い返せば2ヶ月前のGPLIPで行われた、初心者歓迎Monza。初めてのマルチを終えて、レベルの高さに腰抜かしているところへ、TREAD氏が「NBスポット参戦とかどーですか?」と誘ってくれた事で、思いがけず参戦する事になったのでした。それからNBのサイトを見て再び腰を抜かしたのでした。「え、さっきめちゃクソ速かった芸者氏とMR氏はNBなの!?」。他の人のタイム見ても相当なレベルだったのです。何コレ、この人達ホントに今年始めたの?嘘だ、嘘だと言ってくれ~。そんな気持ちだったのです。私のイメージではNB戦というのは、Monzaで言えば30秒から32秒くらいの人が、ボコスカぶつけあってクルクル回る。そんなレベルだと思っていたのです。それがどうですか。速さワールドクラスのツワモノがものすごいバトルしているではないですか。安請け合いしたのは失敗だったなぁ。そんな事を考えつつMonzaに初参戦し、いっぱいいっぱいの中で1コーナーでやらかし、アスカリでふっとばし、何とか走りきった。

それから、Zand、Mosと進むうちに段々マルチにも慣れ、4戦目の今日、いよいよNB最後のレースとなったわけです。レースの結果はともかくとして、自分の2ヶ月の成長ぶりをこのレースで発揮年。そして楽しもう。という気持ちで挑んだのです。結果、Lotで馬鹿っぱやの芸者氏に20秒遅れての2位。上出来です。レースとしては、後方のジジビー達がすったもんだしているのとは対照的に、NBの順位は1周目から最後まで入れ替わりませんでした。それだけ、皆ミスしなかったという事で、ある意味でレーサーとして成熟してきたと言えるのではないでしょうか。私としても特訓の成果が出せた事で納得の行くレースが出来ました。

ただ、残念な事にこの最終戦はNB5台だけという、最後としては寂しいものとなりました。私を誘ってくれたTread氏、Covで奮闘したNick氏、そしてROT氏やtamu氏も事情があって参加しませんでした。シリーズ最終戦から参加した私としては、NBがたくさんいる中で走れたのがMonzaだけというのが、少し心残りではあります。やはりレースは相手がいなければ成り立たない。相手が多いほど楽しい。

そんなわけで、泣いても笑ってもこれでNB戦は終わったわけです。主催者のJillさん、GPLIPのNaguchiさん、鯖提供のJackさん、RecoBreさん、ZZZさん、他運営に携わった方がた、NBとして参戦した皆さん、ジジビーとして参戦した皆さん。

ありがとう。
  &
これからもよろしく。

NB-Mex 1

NB-Mex 2

NB-Mex 3

NB-Mex 4

NB-Mex 5

NB-Mex 6

そして自分は本当にこれでジジビー扱いになるのか。そうだとしたら悲シス。w


CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

ビーシュリンプ孵化!?

2006.12.17
つ・ついに…。前回ビーの状況を書いたエントリーでは3匹くらいしか残っていないと書きましたが、今残っているのは抱卵ビーだけです。1ヶ月で10匹死んでしまいましたが、さすが母ちゃんは強い。当初より抱えてる卵の数は少なくなったようですが、1匹だけで何とか生き延びてきました。そして今日みたらお腹が元に戻っていました。11月21日に抱卵して今日で27日目。大体25日から30日で孵化するそうなので、もしや孵化したのでは、と稚ビーを探しますが、今のところまだ見つかりません。脱卵ではないと思いたいところですが、何しろ環境は良くないはずなので何とも言えないところです。

ところで、ビーは近々水槽引越し予定です。前使っていた「わたしの楽園midi」を復活させて、そちらに移動させる予定です。今の水槽はアフリカン・ランプアイ中心の水槽になる予定です。今月でアクア開始丸一年という事で盛大にリセットしたいと思います。w

「わたしの楽園midi」3ヶ月の時を経て今復活


CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (2)

焦った

2006.12.17
さっきブラウザしか使ってないのに、SpeedFanのCPUの温度表示が57度になってて焦った。CPUメーター見ても0%。これはおかしい。もしや…

慌ててケースの蓋を開けたら、案の定CPUFanが止まってました。危ないところでしたが、早期発見できて良かった。よく見たら、前面のファンコンのつまみが動いてしまっていただけで、ファンが壊れたわけでは無かったようです。

でも1.1GHzに下げててアイドル57度って事は、しばいたら80度近くになりそう。これではこのCPUはFanレスでの運用はちょっと厳しいかな。
CATEGORY : 雑記 TB : (0) CM : (0)

メキシコる毎日・最終章~後編

2006.12.16
メキシコ集中特訓最終回は、3回目も敢え無く撃沈され、20周GPモード、そして最後尾からAIとレースして優勝という課題のハードルの高さを思い知らされる結果となりました。

しかし、こんなところでめげていてはいけません。気を取り直して4回目の挑戦スタート。

1コーナーで4台かわし、早くも16位にジャンプアップ。1周目終了時には14位。2周目は4台かわして10位。なかなか順調なスタートではないでしょうか。今回はいけるかも。

3周目。前にはダン・ガーニー駆るEag。これも3コーナーでパス。ついでにハルムのRepもパス。3周目終了時点で6位。絶好調です。メインストレートでBRMもパス。BRMがこんなポジションにいるのも凄い。これで5位。しかし1位のクラークとは既に十数秒の差が。前にはEagのギンザー。65年にHondaを駆り、Mexで優勝を飾ったドライバーです。さすがにこの辺になってくると、後方の奴らに比べて結構頑張ります。でも早い事抜かないとクラークとの差が広がるばかり。そう思って焦りが出たのか、連続S字の最後の左でブレーキが間に合わずオカマ掘ってしまいます。

うが しまったー

あわわわ。せっかく抜かしたのに7台に前にいかれてしまいます。暗雲が立ちこめてまいりました。ポジションを大幅に落とした5周目。リッチーめ、許さん!といわんばかりの、気迫のこもったドライビングで、前を抜いていきます。

しかし思わぬ落とし穴が待ちうけていたのであります。最終コーナー入り口で前のフェラーリをパスしたところで、前方のEagがスピンしているのを発見。

空気読めガーニー

危ない!と思ったものの、車は急には止まれない。AIは神業的なコントロールでかわしていきますが、ヒューマンである私だけ接触。ガーニーよ、お前もか。今回はEagに祟られました。こうして4回目のトライもむなしく、5周でリタイアとなりました。

そろそろやばいんじゃないの、という雰囲気の中、5回目の挑戦となります。ギンザーにさえ気をつけていれば、4回目でいけたはず。という事で、AI車の早いブレーキングに合わせ、こちらも大幅にブレーキングを早める作戦でいくことにします。所詮相手はAI。クラークでも49秒台なのですから、前が開ければ追い上げられるはず。それまでは我慢して押さえたドライビングを心がけなければなりません。

そして運命の5回目、スタート。1コーナーで早くもBRMに追突しますが、何とか無傷で復帰。危ないところでした。そしてヘアピンでヨッヘン・リントとタイヤが絡みましたが、これも無事復帰。この後次々に前車をオーバーテイクしていきます。2周目のヘアピン前でAI同士が絡み、危うく追突しそうになりましたが、見事な判断で避けます。2周目終了時で10位。しかし、前回のような事があるので油断大敵です。

おっとすいません悪気は無くってよ これだけ当たっても壊れないなんて パーティパーティ

3周目1コーナーで、にっくきダン・ガーニーをパス。雪辱を果たします。ヘアピンでサーティースをパス。大体サーティースのあたりを境目にAIのスピードが変わってきます。ここからが勝負です。

ガーニーどんなもんじゃーい この後サーティースの後ろに渋滞発生


4周目、ポジションは6位。そして目の前にはあのギンザー。今度こそ気をつけよう。そして、ヘアピン。ブレーキングで頑張ってくるギンザーをついにパス。おとうちゃん俺やったよ。

ギンザーと銀座は特に関係ありません

6周目にヒル、7周目にバンディニとブラバムをかわし、ついに2番手浮上。トップのクラークとは5秒差。周を追うごとに接近してきます。そして10周目の最終コーナーで華麗にパス。ついにトップに立ちます。

クラークとらえたり

さあ、ここからはプッシュできます。しかしまだ半分が終わったばかり、19周目ガードレール串刺しの可能性もあるわけです。トップに立ったとはいえ、全く気が抜けません。しかし、昨日まで毎日10Lap×3の特訓をしてきたのです。それを思い出し、ひたすら走り続けます。

そしてついにファイナルラップ。2位クラークとは20秒近い差です。しかし、ペースを緩める事無く、集中力を保ちます。

いよいよゴールの瞬間です。GPモードでの20Lap、それは決して楽なものではありません。しかしついに走りぬいたのです。最後はしっかり右手をあげ、喜びをかみしめながらのウィニングラン。こうして、4日間のメキシコ集中特訓は幕を下ろしたのでありました。

勝ったよ。AI相手だけど勝ったよ。


CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

メキシコる毎日・最終章~前編

2006.12.16
いよいよ本番が明日に迫る中、メキシコ集中特訓も最終回となりました。最後のメニューは総仕上げとして、本番と同じ20Lapのレースをやります。

しかしただのレースではありません。ダメージモデルは問答無用のRealistic。つまりTBと同じという事になります。NBはInt-LなんだからAdvanceでいいじゃん、と言いたいところですが、Advanceは特訓メニューとしては甘っちょろいのです。Shift+Rが使えないという綱渡り状態で、しかも相手がAI。この緊張感がたまりません。

そして、もしリタイアしたら、当然最初からやり直しです。これぞまさに地獄の特訓の真骨頂。最終Lapで余裕でトップ走ってたら、ガードレールに突き刺さってもう一回最初からとかなったら、目も当てられません。

さらに、予選は無しでございます。つまり強制的に20番手からのスタートなのです。AI相手のレースでしかもGPモード。この状態で最後尾から追い上げ。これが如何にデンジャラスな事かは、AIを一度でも相手した事あるGPLerの方ならご存知のはず。

そして最後に、優勝しなければダメ。つまり2位以下の場合はもう一回やり直しです。なんとまあ過酷な条件。我ながら天晴れであります。

そういう事で、メキシコ集中特訓最終回スタート。

まず1発目。スタート1コーナーでいきなりスピン。

なんで私だけー

しかし誰にも当たらず奇跡的に復帰。AIの奴ら、特に後方グリッドの奴らは異様にブレーキングが早い。しかも前に障害物があったりすると、あり得ない早さで減速してくる。この後方集団をいかに料理できるかが勝負なのです。しかし1周目からすでにいろいろやらかしてしまう。

おっと失礼 む、幅寄せか!? コンチキショー!

これがマルチだったらSRYだが、AI相手だと「畜生、ブレーキ早いぞこら」になるw。そして4周目。

最終コーナーへ向かう。はずが… 終了~

こうして1発目は4周で終了しました。やばい。たった4周か。でも19周とかよりはマシか。しかしさすがGPモード。手ごわいのう。

そして2発目。今度はスタート直後に前車に追突してあっという間に終了。AIはいきなり急減速するから怖い。やはり後ろからスタートするというのはかなりリスキーだ。

3発目。3度目の正直なるか。

んあ あれまー ひょんげー

ズコー。そうは問屋が卸しません。わずか3周であえなくガードレールに突き刺さり終了。

なんて事だ。さすがに最後のメニューだけある。厳しいなんてもんじゃあねぇ。今日中に終わるのかこれ。

という事で後編に続く
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

新・メキシコる毎日

2006.12.15
メキシコ特訓3日目。前回の特訓でまともに10周走れるようになったので、今回はさらにハードルを上げ、ダメージモデルを本番同様のADVANCEで10周×3本にしました。Shift+R禁止で、走行に支障が出るダメージを受けた場合は一旦ピットに戻り、10周の最初からやり直しという過酷な条件となります。果たして結果は如何に。

1本目

Lap 1: 1m48.154s [Off the track, Unknown incident]
Lap 2: 1m47.405s [Off the track]
Lap 3: 1m47.136s
Lap 4: 1m47.433s
Lap 5: 1m47.368s
Lap 6: 1m46.558s
Lap 7: 1m46.480s
Lap 8: 1m46.851s [Off the track]
Lap 9: 1m46.585s
Lap 10: 1m46.894s

2本目

Lap 11: 4m23.810s [Invalid lap]
Lap 12: 1m47.520s
Lap 13: 1m46.972s
Lap 14: 1m47.404s
Lap 15: 1m47.513s
Lap 16: 1m47.201s
Lap 17: 1m47.233s [Off the track]
Lap 18: 1m46.799s
Lap 19: 1m47.793s [Off the track]
Lap 20: 1m47.146s [Off the track]
Lap 21: 1m47.607s [Off the track]

1本目は昨日の引き続きのような感じで、順調にいきました。これはPB更新できるか、と思ったら、2本目は少し中だるみのような感じで、1本目よりタイム伸びず。全体的に細かいミスを連発。

そして今度こそ、と気合を入れた3本目

Lap 22: 6m08.941s [Off the track, Invalid lap]
Lap 23: 1m47.949s
Lap 24: 1m47.259s
Lap 25: 1m47.562s
Lap 26: 1m46.511s [Off the track]
Lap 27: 1m48.141s
Lap 28: 5m48.933s [Off the track, Invalid lap]

うお、やっちまいましたよ…。7周目のS字入り口で痛恨のオーバースピード、スピンしながらガードレールにクラッシュ。ステアが曲がってしまい、走行終了。せっかくあと3周だったのに、最初からやり直しです。きびしぃー。

もう一回3本目

Lap 29: 1m48.165s
Lap 30: 1m46.837s
Lap 31: 1m46.667s [Off the track]
Lap 32: 1m46.501s
Lap 33: 1m46.666s [Off the track]
Lap 34: 1m46.643s
Lap 35: 1m46.990s
Lap 36: 1m46.697s
Lap 37: 1m47.919s
Lap 38: 1m47.293s [Off the track]

今回は無事10周回ってこれました。しかしタイムが出るはずのラスト2周でまたもや細かいミス連発。本番への不安を残しながら特訓3日目を終えたのであった。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

決定的瞬間・貝は泳ぐ!

2006.12.15
ただいま水草水槽にて爆稙中のスネール君(正式名:サカマキガイ)。水草に卵を産みつけ、際限なく増えていきます。恐らくその数100匹を超えている事でしょう。このスネール君のおかげで、水草水槽をリセットする事が決定しました。コケもアオミドロから糸状の頑固なものに変わってきて、ガラス面やら水草やらを覆い尽くしております。

そんなある日、目を疑う光景を目にしました。なんとスネールがユラユラと泳いでいるではありませんか。しかもそれだけではありません。彼らは水面を歩きます。忍者です、これはまさに忍者です。気持ち悪いを通り越してあっぱれであります。これからも日々彼らは増えていく事でしょう。早くリセットしなければ。

水流に翻弄されながらも目的地(あるのか)を目指すスネール君 ニンジャー こ、これは…


CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (0)

続・メキシコる毎日

2006.12.14
そしてメキシコ特訓二日目の昨日の結果。

1本目

Lap 1: 1m47.775s [Off the track, Unknown incident]
Lap 2: 1m48.800s
Lap 3: 1m54.767s [Off the track]
Lap 4: 1m52.514s
Lap 5: 1m58.207s [Off the track]
Lap 6: 1m48.277s
Lap 7: 1m47.719s
Lap 8: 1m50.289s
Lap 9: 1m47.073s
Lap 10: 1m47.201s

2本目

Lap 11: 3m50.288s [Invalid lap]
Lap 12: 1m47.564s
Lap 13: 1m47.632s [Off the track]
Lap 14: 1m47.901s
Lap 15: 1m46.603s [Off the track]
Lap 16: 1m46.971s
Lap 17: 1m46.439s [Off the track]
Lap 18: 1m47.314s [Off the track]
Lap 19: 1m47.238s [Off the track]
Lap 20: 1m46.939s
Lap 21: 1m47.121s
Lap 22: 3m26.651s [Invalid lap]

3本目

Lap 23: 1m47.792s
Lap 24: 1m47.476s [Off the track]
Lap 25: 1m47.473s
Lap 26: 1m47.513s
Lap 27: 1m46.636s
Lap 28: 1m46.859s
Lap 29: 1m47.877s
Lap 30: 1m46.987s
Lap 31: 1m46.279s
Lap 32: 1m46.546s

1本目は昨日の繰り返しのようなグダグダだったのですが、2本目3本目と大きなミス無く走れるようになり、少しずつ特訓の成果が出てきている気が。あと2日しかないけど、この調子で行けばいいとこいけるかも。頑張るぞー。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

メキシコる毎日

2006.12.13
今週末はNB最終戦メキシコなわけですが、どうもまともに走れない。まともに走れ無いのでイライラしてくる。という事で、ちょっと危機感を感じたので、昨日から毎日10Lapを3本やるというノルマを課してみました。

よっしゃ始めるぞ、と意気込んだ昨日の結果。

1本目

Lap 1: 1m51.672s [Off the track, Unknown incident]
Lap 2: 1m49.594s
Lap 3: 1m48.406s
Lap 4: 1m48.450s
Lap 5: 2m00.892s [Off the track]
Lap 6: 1m47.135s
Lap 7: 1m47.786s
Lap 8: 2m02.524s [Off the track]
Lap 9: 1m47.338s
Lap 10: 1m47.657s

2本目

Lap 11: 4m04.016s [Invalid lap]
Lap 12: 1m47.815s
Lap 13: 1m47.925s [Off the track]
Lap 14: 1m56.669s [Off the track]
Lap 15: 1m46.971s
Lap 16: 2m04.630s [Off the track]
Lap 17: 1m48.031s
Lap 18: 1m48.314s [Off the track]
Lap 19: 1m53.810s
Lap 20: 1m47.666s
Lap 21: 2m06.421s [Off the track]

3本目

Lap 22: 3m04.038s [Invalid lap]
Lap 23: 1m48.080s [Off the track]
Lap 24: 1m47.259s [Off the track]
Lap 25: 1m49.570s
Lap 26: 1m54.291s [Off the track]
Lap 27: 1m54.658s
Lap 28: 2m05.864s [Off the track]
Lap 29: 1m49.255s [Off the track]
Lap 30: 1m55.432s
Lap 31: 1m46.856s [Off the track]
Lap 32: 2m09.031s [Off the track]
Lap 33: 1m52.001s

結果は惨憺たるもの。うまく一周まわってこれればPBで、それ以外はスピン・クラッシュ。NB戦は20Lapの戦い。大丈夫か。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

TeamBattle 第10戦 Mosport

2006.12.11
スタートでレース終了という事で特に語る事もありません。ポジティブな面を見れば、プラクティスで21秒切れた事くらいでしょうか。そこがピークでした。

モスポートのホームストレートはとても短く狭い、それにエスケープゾーンが無いに等しいので、常々スタートの危険性を感じてきました。

前戦Zandでヘマをしでかした私は、決勝にJoinする前にいろいろと念入りにチェック。グリッドにつくのが若干遅くなりました。それでも通常なら余裕があるはずなのですが、今回はいつもよりレース開始が10秒ほど早かったように思います。大体いつもはグリーンフラッグが振り下ろされるのが45秒時点くらいですが、今回は35秒くらい。

通常はギアチェンジ出来るようになってから、しばらく吹かす時間があるのですが、気付いたらもう旗が上がっていたので、慌てて1速に。間髪無く旗が振り下ろされ、急いでクラッチを切り、アクセルを入れます。

しかし、クラッチを繋いでも前に進まず。わけの分からないまま後続車が迫ってきます。避ける場所もありません。ミラーで後ろを見たらマシンから黒煙が上がっているのが見えます。

ああ、終わった。Ferでエンジン壊すなんて前代未聞だぜ。RyomaのLEVINCARS氏のようにエンジン壊れたまま周回しようかと思いましたが、モスでは余りにも危険+45周も持つわけが無い。という事で、リタイヤしました。

リタイヤ後自分のところでリプレイを見た限りでは、最初に慌ててアクセル入れた時点でオーバーレブ→エンジン逝く→黒煙吹き出る、という感じでした。後続車の皆さんに迷惑をかけてしまいました。ZZZ氏以外はリタイヤした人が出なかったのが不幸中の幸いです。

普通に走れば4位には入れそうだったので、残念ですが仕方ありません。Ferチームはノーポイント、Honが1ポイントあげて、残り1戦で3ポイント差となり、逆転はかなり厳しい状況となりましたが、メキシコでは攻めまくりたいと思います。

優勝はドライバーズチャンピオンを見事獲得したJillさん。おめでとうございます。B鯖はMRさんが勝ったそうで、前戦の雪辱を果たしました。こちらもおめでとうございます。鯖担当のZZZさん、RecoBreさんありがとうございます。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

TBモス前日状況

2006.12.08
先に謝っときます。監督、Ferチームの皆さん、ごめんなさい。ロングランやってみたけど、15周持ちませんでした。3回やって12周が最長。リタイア原因はT8突込み→フロントサス曲がる、ヘアピンでスピン→タイヤもげる、裏ストレートで我慢できなくなって鼻掻いた→コーナー間に合わなくてドカンw。いや、厳しいですわ。今回は完全に順位無視で完走狙いで行きます。途中ピット入って休憩してでも完走狙いますw。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

NB ノンチャンピオンシップ 第2戦 Mosport

2006.12.04
―TOMSさん、待ちに待った公式戦初優勝ですね。おめでとうございます。

ありがとう。苦しゅうない、ちこう寄れ。

―今の率直なご感想をお聞かせください。

OK。率直に言うと、楽なレースでは無かったね。とても疲れたよ。傍目から見ると強力なライバルが自滅していったおかげで、楽勝だったように見えるかもしれない。でもレース中は大変だったよ。フィジカル面では、例の指の感覚が無くなる症状が出ちゃってね。15周目以降は厳しかったよ。そしてそれ以上に厳しかったのはメンタル面さ。時折現れるバックマーカー意外、周りに誰もいないんだ。時に自問していたよ。自分は今オンラインなのか、それともコソ練中なのか、ってね。Pribludaのディファレンスだけが、自分が今レース中なんだって事を思い出させてくれたんだ。最大の敵は集中力の欠如さ。最後の10周は本当に長かったよ。

―ありがとうございます。16周目にT2でスピンしていましたが。

あれはまさに集中力が途切れて来た時だったんだ。タイヤ温度はペースをセーブしていたおかげで、それ程でもなかったよ。あの時は退屈さと戦ってたんだ。よくサーキットでのレースを馬鹿にするラリーファンが言うよね。同じところをグルグル回って何が楽しいんだって。ちょっと賛同しちゃったよ。プレッシャーもあったしね。とにかく早く終わってくれって思ってたんだ。

―マシンにダメージは無かったんですか。

幸いタイヤ温度の上昇だけで済んだよ。さらにうれしい事に、後ろから追ってきたのが芸者氏ではなく、okada氏だったんだ。それで少し安心したよ。正直2位を覚悟したからね。その後は若干ペースをコントロールして、タイヤを冷やすように気をつけたんだ。

―バックマーカーはいかがでしたか。

彼らはとてもクリーンに譲ってくれたよ。特にtamu氏は余りにも大胆に譲ってくれたので、思わず手を上げて挨拶してしまったくらいさ。

―ジジビーについてはいかがでしょう。

okada氏のペースには驚いたね。1周1秒速いタイムで追い上げられていたみたいだけど、最終的には問題なかったよ。このコースではミスをしない事の方が重要だからね。

―マルチ参戦1ヶ月余りでこの快挙を成し遂げられました。

そうだね。実際、驚いてるよ。初めてマルチに参加した時の事を覚えているからね。モンツァでは皆馬鹿みたいに速かったんだ。略して馬鹿っぱやだよ。ほんとにこいつらと戦えるのかってね。でも、この1ヶ月で少し自信が付いてきたんだ。思ったより自分も走れるじゃないかってね。

―この勝利は今後どのような意味を持つと思われますか。

今回勝った事で、少し楽になったよ。次からはもっと楽しめると思うね。でも、正直いってこのコントローラーを使ってると、完走するだけでも大変なんだ。

―次のレースに向けての抱負をお聞かせください。

次のメキシコがNB戦としては最終戦になるよね。メキシコは割と好きな方なんだ。少なくともここよりはね。でもタフな戦いになる事は分かってる。コースサイドにところどころ配置されている石に気をつけないといけないんだ。アレにあたればサスペンションにダメージを負うばかりか、スピンもしかねない。勝てるかどうかは分からないけど、楽しみにしてるよ。そう言えば、ドンタコスってまだ売ってるのかな?

―ありがとうございました。最後にファンに向けて一言どうぞ。

ローマ法王に気をつけろ。

―以上、勝利者インタビューでした。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (4)

CCMやばい

2006.12.04
CCM(CCBと間違えやすい)は楽しい。マジで。小一時間、いや、なんだかんだで三時間くらい遊んでしまった。ムービー作らなくても、これだけで楽しい。元々ビデオ撮影が趣味だったりするのですが、これはまさにそんな感じで楽しめるのです。

操作はなかなか難しい。マウスでパン・ティルトするのですが、追いつかなかったり行き過ぎたり、ズームも操作しないといけないのでさらに難しい。しかしうまくいった時はかなり快感。本当のカメラマンになった気分ですわ。

カメラをどこに設置するかを考えたりするのも楽しい。正直、デフォのTV1TV2のカメラはあり得ないところから撮ってたりして、それはそれでアリかもしれませんが、リアル志向の私にはイマイチ納得いかないのです。これからはCCMを使ってリプ鑑賞しようと思います。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)

プリステラ良い

2006.12.03
水合わせ完了したので水槽に投入しました。これはいい。かなり気に入りました。地味とか言われていますが、すごい綺麗。水草水槽の中ではかなりいいアクセントになってます。しかも群れてる!ついでにネオンも微妙に群れ始めた。これはいいです。多分60cm水草水槽とかで10~20匹くらいで群泳させると相当美しいですよ。白黒黄の背鰭と尻鰭をよく動かしますし、水草に映えます。いい買い物をしました。スペース的には小型魚ならあと10匹くらい入れられそうです。濾過はEX-60なのでそれくらい入れても問題無さそうです。

ネオンテトラとプリステラ


プリステラは綺麗だがアオミドロが…
CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (0)

プリステラ&ミナミヌマエビ購入

2006.12.03
ビーシュリンプ以来、久々の生体導入となります。プリステラ5匹@525とミナミヌマエビ10匹@105です。ミナミはタイムセールで激安でした。プリステラは10匹だと630円。1匹63円です。じゃあ10匹買った方が良かったんじゃ?と思われるかもしれません。私も悩みましたが、意外と大きくて30cmキューブに10匹はきついなと。これだけだったらいいけど、他にも飼いたい魚がいるので。でも買ってきた今思えば、コリ水槽あたりにストックしておいても良かったかなとも。まあいいや。

プリステラは最初から買うつもりだったわけではなくて、ショップで決めました。他には、ゴールデンテトラ、ゴールデンアカヒレ、ブラックネオン、ワイルドグリーンファイヤー、グローライト、インパクティスケリー、レッドテトラ、ディープレッドホタルなどがよさげだったのですが、ネオンテトラとの色彩的な組み合わせ、性格の温厚さなどを考慮し、グローライトかプリステラに絞りました。

グリーンファイヤーなんかは、もうショップの水槽の時点で攻撃的な感じでした。ワイルドだし見た目はいいんですが、残念ながら見送りです。インパクティスケリーも、飼いこんで紫の色彩を見てみたいのですが、青系の魚は気が荒いという情報があったため、今回は断念。ブラックネオンは若干お高い。グローライトは泳ぎが大人しい感じで、他のカラシンほど他魚をつっついてなかったのですが、プリステラの地味ながら綺麗な白黒のヒレに惹かれて決定しました。まだ尾ひれはオレンジ色になっていませんが、飼いこんでからのお楽しみという事で。

それから、Co.アクアータス(アルクアートゥス)が3匹525円という値段でかなり惹かれましたが、現在リセットを計画している最中で不用意に生体を増やさない方がいいと判断し、見送りました。あとミナミは、ヤマトの無濾過無加温飼育が今のところうまくいってるので、ミナミも挑戦してみようと思います。出来れば稚エビも見てみたいです。ちなみに現在ビーは2匹だけ生き残っています。抱卵ビーはなんとか生き延びています。あと10日くらいで孵化するはずなので、何とか頑張って欲しいところです。

魚を袋に入れてもらってる時、120や90cmの水槽セットが目に入ります。やっぱでかいなぁ。けど憧れる。90cmスリムくらいが管理の限界だと思うけど、それでも100L近い水量。30cmキューブの4倍です。小型魚なら80匹は入れられそう。いいなぁ。

水合わせ中のプリステラ


CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (0)

本日NB モスポート&TB RyomaG ムービー

2006.12.02
□どうなるモスモス

いやぁ、早いですね。もう今日が本番です。前戦ザンドはモンツァから1ヶ月ありましたから、かなり走りこむ事が出来たわけですが、今回はTBザンドから1週間での開催ですので、練習不足感は否めません。ロングランもやってませんので、本番は慎重に行きたいと思います。

□たくさん映ってる~

s.okada氏制作のTB RyomaGムービーがついに完成。10分に及ぶ大作となっております。Ryomaと言えば、私はわずか6周で情けない結末を迎えたわけですが、そのわずかな部分がかなり使われており、うれしい限りでございます。全体の感想としてはこんな感じ。

・イントロの制作風景かっこいい
・いきなり某Xに変わる
・Hirame氏の右手が悲しすぎる
・お、1周目私ほとんど映ってるじゃん、ラッキー
・1周目の時点で4位から5位が凄い差w
・Levincar氏、m2氏とのバトルがしっかり映ってる
・スピン後のボフはホント情けないw
・m2氏が一番目立ってる
・先頭集団も意外とミス・コースアウトしてたのね
・ってかあんな激しくサイドウォールにぶつかって何でタイヤもげないんだw
・ZZZ氏のピットイン、直前にスピンの画を入れてるので、さもスピンが原因で緊急ピットインみたいなカッコいい感じになっているが、それは誤解である
・m2氏とReco氏は、画的においしいポイントでぶつかったのねw
・Lot憎たらしいくらい決まってるぜ

といった感じです。個人的に中島みゆきのせいで、Hirame氏とZZZ氏が妙に深刻な感じに映ってるのが逆に笑えました。s.okada氏、素晴らしいムービーありがとうございました。Zandも是非、おいしい感じでひとつよろしくお願いしますw。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (2)

コリ動画

2006.12.02
久々にビデオカメラ引っ張り出してきたので、コリドラスなんか撮ってみたりして。

Download 約3MB
CATEGORY : アクアリウム TB : (0) CM : (0)

TeamBattle 第9戦 Zandvoort

2006.12.01
今度こそ完走。この願いと共にTBザンドに参戦したわけですが、またもや無念のリタイアに終わりました。

先週のNB戦で失態を晒した次のレースという事で、今度はきちんと「マターリ走ろう、ザンドフールト」を守ろうと心に誓い、また、指力温存のため当日は練習せず、ロングランもあまり意味が無いと考え、やりませんでした。ぶっつけ本番、出たとこ勝負。

そして23時、O次郎鯖が立ち、予選開始。しかし、予選中に鯖がフリーズするというアクシデントが発生。自動復帰されるもJoin出来ず、急遽Reco氏によって鯖立てが行われるという異例の事態となりました。

それからは無事レースが進行していきます。予選は15分に短縮され再開。今回は予選は関係ありません。これはGPモードのレース。レースディスタンス40周を走りきってなんぼなのです。それでも25秒中盤というまずまずのタイムで19人中12番手という結果でした。ちなみにDemoDriverを入れると20名ですw。

いよいよレーススタートの時間となります。各車無事にグリッドに着きました。前は芸者氏、後ろはShutaro氏です。グリーンフラッグが上がると同時に振り下ろされ、それに見事に反応出来た私は、反応の遅れた芸者氏を難なくパス。

好スタートを決めるが…

しかしここで思いもよらない事態が発生!なんと画面がカクカクなのです。体感的にはFPSが10~15くらいしかなく、非常に危険な状態に。一体何が。もしや!?

私の使っているPCのCPUはAthlon64 X2 3800+です。AthlonマシンにはCool n Quietという、自動で動作速度を切り替える機能があるのですが、使い勝手の問題で私はこれをオフにしています。代わりに、CrystalCPUIDというソフトを使って手動で動作速度をコントロールしています。普段はネットや軽いタスクしかしませんので、通常の半分の動作速度(minimum)に落とし、省エネと低発熱という恩恵を得ています。ゲームやエンコードなどパフォーマンスが必要な時、最大の速度(Maximum)に戻しています。これをシステムトレイのアイコンをクリックして手動で切り替えるわけです。普段マルチをする時は、VROCやGPLIPを立ち上げる段階でMaximumにしておくのですが、すっとぼけてたのか緊張のせいか、切り替えるのを忘れていたのです。

ただでさえスタート時は多数のマシンが固まっているわけで、一番描画の負荷が高く、マシンが密集しているため、低FPSではブレーキングポイントが分かりづらく、非常に危険なのです。しかもGPモード。とりあえず前に追突するのだけは避けようという事で、とにかく慎重に走りました。後ろからはShutaro氏に迫られつつも、1周目を無事にクリア。

しかし2周目のヘアピンでやらかしました。

リタイアを覚悟した瞬間

終わった、と思いましたが、何とかタイヤは吹っ飛ばずに済みました。しかし、後でリプアナで確認したら、右フロントサスに重大なダメージを負ってしまったようです。ここでShutaro氏、芸者氏に抜かれます。なおもカクカクの状態が続き、後ろからFBevo監督が来ていたので、最終で前に行ってもらいました。

監督を前に出す

その後3周目の1コーナー進入でアウトのグリーンにリアタイヤを乗っけてしまい、スピン。

監督を巻き込まなくてよかった

またまた終わった、と思いましたが、フェンスにぶつからずに済み、すぐさま復帰。ROT氏の前に出ます。

2度のスピンで救われたおかげで、力みが抜けここからマターリモードに入る事が出来ました。完全サンデードライビングモード。前とはかなり開きましたが、そんな事は全然気になりませんでした。なんてったってGPモード。しかも先は長い。最後まで何が起こるか分からないという事を、前戦Ryomaで思い知らされた訳で、極めてスムーズ且つ安全な周回を重ねます。かといって、ラップタイムもそれ程遅くなく、前のFBevo監督にどんどん近づいていきます。

そしてその間、予想通り数々のスピン・クラッシュ・ボフを目撃。そうそう、こうなるんだよねぇ、と予想通りの展開ににんまりしつつ通り過ぎていきますw。

DFG氏のLot RecoBre氏とShutaro氏 ボフるCF氏


そして気が付けばFBevo監督に追いついていました。しかしオーバーテイクしよう、等という変な気は起こさず、あくまでサンデードライビングを続けます。

15周目のヘアピンで、監督がミスしてくれたのか前を譲ってくれたのかしたので、マターリと抜いていきます。抜いてからも実に穏やかにドライビングしつつ、前の芸者氏を目指します。

再び監督の前へ

16周目には芸者氏の前を走っていたDelico氏がループでスピン。これで7位です。ここまで予想通りにレースが展開していくとは。そして前の芸者氏をプッシュするわけでもなく、鼻歌交じりのサンデードライビングを続けます。

Delico氏

そして21周目。芸者氏が目の前に迫ってきました。裏の高速右コーナーを抜けたところで、芸者氏スピン。うわー、すげー、ポイント圏内じゃん。と思わずガッツポーズ。マターリ走ろう、ザンドフールトの真髄ここにあり。

スピンする芸者氏

と思ったのも束の間。実は20周を超えたあたりから、徐々にアクセルをコントロールしている右の人差し指の感覚が無くなってきていたのでした。そんな状態で迎えた23周目。1コーナー後のS字の2個目でイン側の縁石に乗り上げてしまい、出口でスピン。

えーこんなんで滑っちゃうのという感じ

一気に4台に抜かれます。痛みであれば我慢すればいいのですが、感覚が無いというのは、どれくらい指を動かしているかが全く分からないので、かなりやっかいです。

24周目には1コーナー出口でアクセルの入れすぎでスピン。

慎重に立ち上がったつもりだったが…

そして26週目にはとうとうS字出口でひっくり返ってしまいゲームオーバー。

万事休す

という感じで、芸者氏を抜いたところまでは、完全に目論見どおりにレースが進んでいただけに、非常に残念です。現在の状態では30分程度しかもたないので、次ぎのモスまでには指対策を考える必要があります。レースの結果はRepの1-3。LotはA鯖2位とB鯖1-3。そしてFerがHondaに2点差にまで迫ってきて、どのチームも残り2戦が正念場となってきました。モスは完走・ポイントゲットでチームに貢献したいと思います。

最後に急遽鯖を担当してくれたRecoBreさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
CATEGORY : GPL TB : (0) CM : (0)
プロフィール

TOMS

  • Author:TOMS
  • 好きな食べ物:ペペロンチーノ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
債務整理キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。